真夜中のテレフォンキミからのテレフォン少しだけでも真夜中のテレフォン真夜中のテレフォン二人のテレフォンなにを話そう真夜中のテレフォン最終電車で キミがもどるのを待っていた目をつぶれば キミがみえる 星空の下真夜中のテレフォンキミからのテレフォンどこへ行こうか真夜中のテレフォンいま会えない
お金があるときゃ そりゃあ酒でもおごってやるよお金が無けりゃあ イヤな事でもやらなきゃならねぇくだらねぇ仕事でも仕事は仕事働く場所があるだけラッキーだろうどっかの坊ずが 親のスネかじりながらどっかの坊ずが 原発はいらねぇってよどうやらそれが新しいハヤリなんだな明日はいったい何がハヤるんだろうイメージ イメージ イメージが大切だ中身が無くてもイメージがあればいいよ針が棒になり 隣の芝生今日も青いミエ
過ぎて行った時がまるで永遠に続く土曜日の夜ならば今日は何曜日なんだろう過ぎて行った時が夢まで連れていったらそれは悪いことじゃないもっと強い夢が見れる年をとろう風のように軽やかにそして楽しいことをしよう過ぎて行った時は錬金術を使う良くも悪くも使う俺のシッポにまた火がついた年をとろう風のように軽やかにそして楽しいことをしよう過ぎて行った時は錬金術を使う良くも悪くも使う俺のシッポにまた火がついた
プラネタリウムみたいな満天の星空の下レンタカーで走りながら 流れ星をたくさん見たよ今夜 多分雨は大丈夫だろう今夜 5月の風のビールを飲みにいこう防砂林の向こう側 花火が闇を照らしだすカーラジオがしゃべっている 低気圧がでしゃばっている今夜 多分雨は大丈夫だろう今夜 5月の風のビールを飲みにいこうとりたての免許で 僕等は笑ってる夜の盗賊団 たくさん秘密を分け合おう夜光虫が光ってる 可能性は輝いてる誰
ドブネズミみたいに美しくなりたい写真には写らない美しさがあるからもしも僕がいつか君と出会い話し合うならそんな時はどうか愛の意味を知って下さいドブネズミみたいに誰よりもやさしいドブネズミみたいに何よりもあたたかくもしも僕がいつか君と出会い話し合うならそんな時はどうか愛の意味を知って下さい愛じゃなくても恋じゃなくても君を離しはしない決して負けない強い力を僕は一つだけ持つ
あれも欲しい これも欲しいもっと欲しい もっともっと欲しい俺には夢がある 両手じゃ抱えきれない俺には夢がある ドキドキするような家から遠く離れても なんとかやっていける暗い夜に一人でも 夢見心地でいるよ建前でも本音でも 本気でも嘘っぱちでも限られた時間の中で 借り物の時間の中で本物の夢を見るんだ 本物の夢を見るんだあれもしたい これもしたいもっとしたい もっともっとしたい俺には夢がある 毎晩育てて
パンパンパン パンパンパンパーンと弾けて飛んで行け明日の朝 映画を観に行こう本当の勇気を 教えてくれる様な帰り道には きのうまでに見た悲しい場面を忘れてしまうように発車のベルが鳴り 一つ駅を越えた通り過ぎるのは 早すぎたのだろう泣いている人が ホームで手を振った本当のお別れの アナウンスが流れる『お待たせしました。次の駅は幸せばっかりの 夢の駅―。』
知ってるかい 忘れては いけないことが何億年も昔 星になったどんな時代の どんな場所でもおんなじように 見えるように覚えたり 教えられたり勉強したり するんじゃなくてある日突然 ピンときて だんだん わかることがあるガードレールを 飛び越えて センターラインを渡る風その時 その瞬間
鉄砲が今日も誰かをねらってる鉄砲が今日もあやしく光ってる鉄砲が今日も無鉄砲なふりで鉄砲が今日も静かに笑ってる鉄砲 鉄砲 鉄砲鉄砲 鉄砲 鉄砲殺人事件の犯人が昨日つかまった鉄砲と共犯者は闇にまぎれてる
オマエは僕に電話して 強引な取りひきせまるなんとかワナにはめようと 僕のことを脅迫する不安が夜中に ドアをノックするナイフをつきつけられてもピストルつきつけられてもクソッタレって言ってやる夜の底でケッ飛ばされて なんとか持ちこたえている僕はここに立っているよ 汚れた顔をしてるけどしたがうだけなら 犬でもできるさナイフをつきつけられても原爆つきつけられてもクソッタレって言ってやる夜の音に耳をすまし 
いつまでたってもおんなじ事ばかりいつまでたってもなんにも変わらねぇいつまでたってもイライラするばかりオマエがそんなに愛を語るからそんなにリッパに愛を語るからオレの心はチッソクするだろういつまでたってもおんなじ事ばかりいつまでたってもなんにも変わらねぇいつまでたってもイライラするばかりいつまでたってもおんなじ事ばかりいつまでたってもなんにも変わらねぇいつまでたってもイライラするばかりウソをつかねけり
僕の話を聞いてくれ 笑いとばしてもいいからブルースにとりつかれたら チェインギャングは歌いだす仮面をつけて生きるのは 息苦しくてしょうがないどこでもいつも誰とでも 笑顔でなんかいられない人をだましたりするのは とってもいけないことですモノを盗んだりするのは とってもいけないことですそれでも僕はだましたり モノを盗んだりしてきた世界が歪んでいるのは 僕のしわざかもしれない過ぎていく時間の中で ピータ
気が狂いそう やさしい歌が好きでああ あなたにも聞かせたいこのまま僕は 汗をかいて生きようああ いつまでもこのままさ僕はいつでも 歌を歌う時はマイクロフォンの中からガンバレって言っている聞こえてほしい あなたにもガンバレ!人は誰でも くじけそうになるものああ 僕だって今だって叫ばなければ やり切れない思いをああ 大切に捨てないで人にやさしく してもらえないんだね僕が言ってやる でっかい声で言ってや
流れる雲よ 思い出よ時は過ぎ去って行くふるえる心のまんなかにおかしなぼくがいるシンデレラ シンデレラここにずっと居たくてもいられないシンデレラ シンデレラ口に出せないことが多すぎて素直になれやしないシンデレラ シンデレラ涙流したあの日がよみがえるシンデレラ シンデレラ今じゃ失うものが多すぎて素直になれやしないきれいなドレスが気になると気持ちは踊れないガラスの靴は冷たくてまともに歩けない裸足のままじ
わーわーわおわおわーわーわおわおポートアーサーで生まれたあの女の歌を聞いたハリウッドで死んでいったあの女の歌を聞いたむき出しの100万ボルト風に揺れるタンポポだわーわーわーわーわーわーわーわーわー!
栄光に向って走るあの列車に乗って行こうはだしのままで飛び出してあの列車に乗って行こう弱い者達が夕暮れさらに弱い者をたたくその音が響きわたればブルースは加速していく見えない自由がほしくて見えない銃を撃ちまくる本当の声を聞かせておくれよここは天国じゃないんだ かと言って地獄でもないいい奴ばかりじゃないけど悪い奴ばかりでもないロマンチックな星空にあなたを抱きしめていたい南風に吹かれながらシュールな夢を見
レストラン レストランレストランに行きたいカツ丼 サラダ 冷やっこお腹いっぱい明日 保健所が来たら捨てられちゃうよね 僕たちレストランレストランに行きたいレストラン レストランレストランに行きたいカツ丼 サラダ 冷やっこお腹いっぱい明日 どこかの交差点でひきにげされちゃうかもみんなが笑ってるカツ丼 サラダ 冷やっこお腹いっぱい明日 保健所が来たら捨てられちゃうよね 僕たちレストランレストランに行き
夜が今口を開けて僕達をのみ込んで行く二丁拳銃すべり込む広がった 集まった商店街も 裏通りも二丁拳銃駆け抜ける44口径 44口径鉄砲玉だぜ44口径 44口径行ったきりだぜ44口径 44口径鉄砲玉だぜ44口径 44口径行ったきりだぜインフレも 公害もイザコザも 争い事も二丁拳銃かたずける天才も 秀才も常識も 先入観も二丁拳銃弾け飛ぶ44口径 44口径鉄砲玉だぜ44口径 44口径行ったきりだぜ
南の国へ行こう日焼けでもしに行こう死んだらそれでさようなら勲章の一つでももらえるかもしれない南の国へ行こうダイエットしに行こう死んだらそれでさようなら面と向かってキックされたらどうするんだ?やるか逃げるか どうする?やるか逃げるか どうする?戦車に乗れるかもよマシンガン撃てるかも死んだらそれでさようなら安っぽいヒロイズム 嫌いじゃないもんな愛するあの娘のため平和を守るために死んだらそれでさようなら
M・O・N・K・E・Y どこでも行けるM・O・N・K・E・Y 頭もきれるM・O・N・K・E・Y 4サイクルでM・O・N・K・E・Y 燃えているM・O・N・K・E・Y 大人になってM・O・N・K・E・Y 大事なものをM・O・N・K・E・Y 忘れそうならM・O・N・K・E・Y ついてこい百戦錬磨の男じゃないけど殺し文句は片道切符M・O・N・K・E・Y 街のはずれでM・O・N・K・E・Y はじけた夢がM
ここで楽しもう ここでうまくやろうここで手を握り ここでキスをしよう ここで信じよう回り続けよう 回り続けよう一人じゃできない事があるだろう一人じゃ見えない事があるだろう カギを開けてくれ回り続けよう回り続けよう…メリーゴーランド 思ってごらんメリーゴーランド 一番前はだあれ?
受話器の向うで何思ってる?受話器の向うで何考えてる?夜中の3時に何思ってる?夜中の3時に何考えてる?夜中の3時に苛立ちがおこる夜中の3時にほっておいてくれ悪意ある悲しみなのか?沈黙の憎しみなのか?はにかんだ寂しさなのか?ただの悪ふざけなんだろ?受話器の向うで偉そうじゃねえか?受話器の向うで何様気取りだ?雨が降っている切ない思い出のような雨が降っている
天国よりちょっと 高い所へ誘惑よりもっと 甘い声SEXよりずっと 魅力的だぜムチとマントを ひるがえして一体何が 本当なのか見てきたような 顔をして作り話で 盛り上がろうぜムチとマントを ひるがえして罪を重ねて 昇る階段疑われたら アリバイなんかないぜサンキューベリマッチ どうもありがとうようこそ僕の 隠れ家へ恋をする時 素敵な事は何もいらないと 本気で思える事サンキューベリマッチ どうもありがと
我々人類は バカ過去・現在・未来 バカ正義はあったのか バカ正義は勝ったのか バカくり返し くり返し くり返し うたう皆殺しのメロディが 切り裂きジャックを呼んでいるマシンガンのリズムだぜ 皆殺しのメロディだTVが待ってるぜ バカラジオが待ってるぜ バカ新聞紙が舞ってるぜ バカ彼女も待ってるぜ バカくり返し くり返し くり返し うたう皆殺しのメロディが 切り裂きジャックを呼んでいるマシンガンのリズ
地球は何人乗りだ まあ まあ定員オーバーだったら ブー まあ まあまだまだ行けるぜ四ツ葉のクローバーが まあ まあ足りなくなっちまうぜ まあ まあまだまだ行けるぜ荷物はちっちゃいほうが まあ まあポコチンでっかいほうが まあ まあまだまだ行けるぜナゾがナゾを呼び まわる緑のハッパ地球は何人乗りだ まあ まあ定員オーバーだったら ブー まあ まあまだまだ行けるぜルール破っても まあ まあマナーは守る
ミサイル ミサイル ミサイル ミサイルボクを発射台にのせて飛ばしてみてごらん花火のように 夜空をかざるよきのう君の夢を見たそれはボクのためチカチカ燃える 導火線なんだねミサイル ミサイル ミサイル ミサイル今夜ボクはミサイルに君は星になる全てのルール ちょっとだけ忘れて夜の階段をのぼる星座を作ろう忘れられない 思い出にしようミサイル ミサイル ミサイル ミサイル
ホームラン ホームラン野球をやりにいこうよ 河川敷のグランドへ野球をやりにいこうよ みんなを集めて得意の魔球でこい 変なフォームで投げてこい時速1000キロ豪速球 俺には見えるぜ甘い球を投げたら 俺のバットが火を吹くぜ銀河系のその彼方まで カッ飛ばしてやる青い風と白い陽射し川は流れ ゲームは続くのだとなりのグランドでは ガキ共が熱くなってる21世紀の金田やONがいるぞ
星が見えますか 星が見えますかああ 星が そこから星が見えますかいくら見上げても 僕には見えませんああ 星が 今日の僕には見えません願いをかける 星さえ見えずそんな気持ちなんです都会の空に星を下さい 雲のすきまに星を下さい海がありますか 海がありますかああ 海が あなたの町にはありますか砂にうずめても かくしきれぬ想いああ 海に 大きな声で投げるんだ深い涙の底に沈んだそんな気持ちなんです都会の夜に
人殺し 銀行強盗 チンピラたち手を合わせる刑務所の中耳を澄ませば かすかだけど聞こえて来る 誰の胸にも 少年の詩は何か変わりそうで眠れない夜君の胸は明日張り裂けるだろうあきらめるなんて死ぬまでないからB L U E H E A R T Sブルーハーツ ブルーハーツブルーハーツ ブルーハーツ何か変わりそうで眠れない夜君の胸は明日張り裂けるだろうあきらめるなんて死ぬまでないからあきらめるなんて死ぬまで
70年なら一瞬の夢さ70年なら一瞬の夢さやりたくねえ事 やってる暇はねえやりたくねえ事 やってる暇はねえ冗談みたいな世の中だからさ冗談みたいな世の中だからさやりたいようにやらせてもらうぜやりたい放題 やらせてもらうぜDA-DA-DA-DA-DADA-DA-DA-DA-DADA-DA-DA-DAブルースをけとばせ運命なんて自分で決めてやらあ運命なんて自分で決めてやらあ悪い日もあれば 良い日もあるだろ