歩けばきっと何かある道の向こうに何かある空が青いのは 私のため(さ)きっと明日は ご利益×2そうさ明日は ご利益×2一番札所の 霊山寺(りょうぜんじ)安産大師の 極楽寺(ごくらくじ)長寿の泉 金泉寺(こんせんじ)ちょっと休憩 大日寺(だいにちじ)五百羅漢の 地蔵寺(じぞうじ)温泉あるよ 安楽寺(あんらくじ)菜の花キレイ 十楽寺(じゅうらくじ)多宝塔立派な 熊谷寺(くまだにじ)歩けばきっと何かある道
さぁなにかはじめよう 踏み出す一歩に理由はいらないただなんとなく過ぎる 景色が優しく色艶やかで転がり続ける道だって みんながいるから進んで行ける歩く歩く 遍路道 巡る巡る人と人とが想いあった 暖かな道 繋ぎ歩く歩く時代の中 巡る巡るこの気持ちが千と二百の物語今、進むこの道が どこかに繋がる気がしているからもぉなにも迷わない 汗をかき恥をかき歩いて行こう泣きたくなるような道だって みんながいるから進