僕はあれから向かい続けた記憶より大きなキャンバスにどんな絵の具を使ったってそんなに透き通った瞳(め)は描(えが)けない君の清らかなその心は鏡のように写してしまう僕の汚(よご)れたものをすべてどこかに捨てなければもうここを出るドガのように光の中の君を写したい愛のために僕は何をすればいいのだろうもっと君を知りたいんだ床に溢れた半円の日向窓から溢れる天使たち君は木のバーに掴まって遠くを見てるようにレッス
初めて来たのになぜだか酔った記憶があるよな酒と煙草とアンディウォーホル隅のカウンターから視線感じて振り向く寂しがりやが目を逸(そ)らす誰かを待ってるわけじゃない偶然 扉を開けた愚かな女の物語 聞かせてあげるどこで会ったんだっけ?なぜ懐かしいんだろう?あなたのその眼差し胸が苦しくなったまるで遠い幻1回くらいはキスしたっけ?いつものちょうだいと言えば何が出て来るのだろう?愛か涙かサザンコンフォートそん
いくつの悔しさを乗り越えれば大切なものを掴めるのか?ずっと 僕が手を伸ばした夢はあともう少しで また逃げて行く無力な自分まざまざと浮かび上がる錆びたガードレールが凹んでいるのは誰かの挫折だろう孤独ギター 弾こうぜ!想いの全て かき鳴らせ!誰も聴いていなくても…愛のコードを押さえて感情 剥き出しにしよういつか この音が届く日までこの指は止まらないAH- AH-希望と絶望のその間で探してた何か忘れるけ
LA LA LA LA…空の上から降って来るものは雨だけじゃない何だろう?昨日と同じ道 歩きながら舞い降りるもの気づいた見えなかった(WOW WOW)その何か(WOW WOW)胸の奥(WOW WOW)積もってく愛は(愛は)奇跡だふいに(ふいに)感じるどこからか ふわふわと花粉のように愛は(愛は)意外だ風に(風に)運ばれ愛しさが着地する感情が動くこみ上げる想い会いたいよ 君に…LA LA LA LA
入り組んだ路地の途中ですれ違った少女は見たことない制服着て長い髪 束ねてたまだ青いパパイヤに似た澄み切った瞳(め)をしてるどこかで蝉の鳴き声がふいに聴こえ始めた民家のその軒先でずっと待ち続ければまた君に会える気がしてたいつの日か恋と呼べないほど儚い物語始まるわけじゃないけど終わるはずもなかった願い 叶うよりも夢は夢のままで風が吹き抜けるようにすべて記憶は消える甘い痛み残して…竹竿が手持ち無沙汰に物
夢が見つからないと白けながら生きてる者よそれでも時の針は嘲笑(あざわら)って進んでるんだ何もしないで死んでくのか?昨日と同じ道ただ歩いてるだけじゃどこへ向かうのかわからないだろう命のへそ腹をさあ括れ!気合い入れるんだ流されるな!さあ大地に足をつけて踏んばろう!大事なのは正面 向くことどんな風も受けるんだ逃げ出すなよ苦しくても鍛えよう生きるための腹筋力やりたいこと 一つも見つけられず俯く者よおまえの
胸の奥に風が吹くよ弱い部分 震わせるように…自分らしく生きていないその隙間から不安が広がる君と出逢い気づいたんだ人は誰でも変われることを…恋は (恋は) きっかけ夢に色がないのは答え合わせするためさどこが (どこが) 違う (違う)現実とは…後で直せるように色がついていないんだ何が (あっても)やり直せばいい思い通り生きるなんて簡単にはそうできないけど間違ってもいいじゃないか開き直れば楽しめそうだ
女はどうして夢見る?醒めてしまうってわかってるのに…“愛してる”の言葉なんて男にとってはその場しのぎ腕の中に抱かれる度身体(からだ) 溶けてく溶けてくそのあなたの体温嘘じゃなくて忘れただけ言い退けるさらりと…言い訳より効果的なキスをして黙らせてしまうズルいテクニックは常套手段嘘じゃなくて忘れただけ微笑めばくらくら…いつのまにか頷いてる腰砕け怒る気にもなれずに馬鹿げてるとわかっててももう一度だけ許し
ダーリン ダーリンちょっと待って青い月が見てるじゃない?ダーリン ダーリンちょっと待ってヤシの木陰 隠れましょうダーリンダーリン ダーリンギュッと抱いて波の音をBGMに…ダーリン ダーリンギュッと抱いて熱いキスを交わしましょうダーリン海が見えるレストランから駐車場までのボードウォークどうでもいい明日の天気予想したりして…好きなことはわかってもお互いに言い出せずにそう 今日もぎこちなく帰ろうとしてた
すべてがうまく行かずに空回りしてた頃自分が生きてる意味まで疑い始めたんだ信じられるものなんてこの世には見つからないって夜明け前の街彷徨(さまよ)っていたここにだって天使はいる誰かに言われてもまわりには気配さえもなかった感じたのは孤独だけさ動き出した始発太陽は輝きながら昇って僕の夢影にするんだ世界に落胆してから外には出たくなかったこのパソコンの中で生きて行ける気がした感情を文字にして掲示板に書き込む
DJ!かけて!恋のリクエストチューニング合わせた真夜中のRadioよDJ!かけて!愛しきメロディーこの胸のときめきとノイズの中イントロが流れるまで眠れないカーテンのその隙間から星降る空を眺めてた運命はどんな幾何学で2人を結んでるのかな直接 逢っちゃったらいつも何も言えなくなるだから私の切なさを歌に託して届けたいDJ!きっと!聴いてくれてるわ一番 気に入ってる番組って言ってたからDJ!きっと!今なら
衝撃的な出会いじゃなかったしあれが恋だと今思っても自信がないんだごく自然に話すようになって女子の中ではそう確かに仲がよかった別の高校に進んでから何となく2人は会う機会も減ってメールもしなくなって別れたのかなカトレアの花を見るその度に思い出すのはどうしてなんだろう?君に花を贈ったことはないのにこの胸のどこかきゅんとするのは青春の痛みが残っている過ぎ去った季節が今さら眩(まぶ)しくて目を閉じれば(キラ
舌を噛んじゃうような名前のロシア人さっきまで隣で寝ていた気がするだらしない生活があなたへの当てつけだって二流小説ならありそうだわ気が抜けたビールで何錠飲んだかアスピリンシェイド下げた窓の外の太陽までは殺せやしないDarlin夢のdead body どこに捨てた?微(かす)かに覚えているのはやさしい言葉夜の闇はどこへ続くのだろう?白いシーツの上並べられた嘘誰が吸ったのか 空のカズベックオーバル先の
私の胸のその片隅に大きくなったジェラシーは醜くて口から吐き出してしまおうとあなたにぶつけてしまった初めての喧嘩冷戦のワンウィーク私 悩む仲直りってどうすればいいの?きっかけが(謝りたい)わからない(素直になって)ごめんねおNEWの上履き買って来たのよあなたの靴が汚れてたから洗っても落ちないシミがあるならキレイさっぱり 捨てちゃおう昇降口ですれ違ってもぎこちなく俯(うつむ)き通り過ぎるだけよ友達みん
ダイスを転がしていくつが出るかよりまずダイスを投げてみる始める勇気が必要チャンスを前にして何をビビってるの?この瞬間(とき)を逃(のが)したら後悔するだけスタートラインは自分で引くんだどこからでもいい君の未来を他人にまかせるな裏と表 足してみろ!全部 全部 7だろう?山あり谷あり 人生は帳尻が合うんだ裏と表 足してみろ!全部 全部 7だろう?プラスもマイナスも同じことDo it!ダイスを大切に一回
粉雪たちが呼吸の熱にどれだけ溶けてしまったのだろう銀色の道を全速力で僕は今 駆け抜ける君に貰ったんだ長い紺のマフラー僕に勇気をくれるレアアイテムこの世界が雪の中に埋もれてく前に冷たい風を振り切って迎えに行く走っている意味なんて何にもないけど何かしたかった僕たちのために愛するエビデンス結晶の中に閉じ込められてた真冬の空は何色だろう見上げた時に 秘めた想いとほら ロマンスが落ちて来るよ君は気づいてるか
シリアルをお皿にぶちまけ「遅れちゃいそう!」って叫んでる半分 着替えたワンピース慌ただしいモーニング僕の名を何度も呼んでミルクはどこ?って聞くけれど冷蔵庫以外にしまってあるミルクなんて見たことないそう 君は低血圧だからイエス 早起きが苦手なんだろう?大丈夫(大丈夫)落ち着いて(落ち着いて)間に合うよお願い背中のジッパーちょっと上げてちょうだい甘えた声で言われると背中のジッパー君を両手で抱きしめたく
リボンなんて似合わないずっと好きだったのにリボンなんて似合わない今日の朝 思った女の子のage忘れてるうちに成長しているの初々しさなんてどんどん消えてアダルトに何も 変わらない私だったのに…リボンなんて似合わないずっと好きだったのにリボンなんて似合わない今日の朝 思ったドレッサーの前でメイクしながらそう恋をしたせいかなバースデーパーティーいつものケーキ並んだキャンドル今まで何本消したのだろう?その
初めての星みんなで見ていたいつか誰かから聞かされた星長い長い道のりだったこの場所に来るまで自分が目指してたものは幻かと思っただけど不思議なことに苦しくはなかったよ空を見上げ歩くってこと嫌いじゃなかったんだ何で私たちは信じたのか?いつまでも見えないその存在をこの世界のどこかに奇跡 探していた初めての星ここから見えるよ思ってたよりも眩(まぶ)しかったね厚い雲に覆われてたり雨が降ってて隠れていたでも あ
長いその廊下を近づいて来るブーツの足音で君とわかったよまるで悲しみから吹っ切れたようにいつもの君らしくどこか楽しげに…この部屋を飛び出したのは君だったどうでもいい言い合いに疲れてしまったんだろう100年先でも僕は待っているよ君が帰ることを絶対に信じてたんだ愛とはいつだって永遠の長ささそんなこともあったねと目を細め笑える日が来るドアホン鳴らさないでノックするのはいつか観た映画の真似だと言ってたもちろ
GO! GO! GO! GO!GO! GO! GO! GO!GO! GO! GO! GO!GO! GO! GO! GO!×2GO! GO!
そんなにやさしくされたらあなたのこと 好きになっちゃうじゃないか…心が折れそうだったからそう誰かにそばにいて欲しかったファミレスに呼び出した幼なじみコーヒーだけで聞いてくれた少し苦い人生相談悩んでいた進路のことより0時過ぎの人生相談言い出せないこの胸のもやもやどうしよう?いつでも助けてくれたねピンチの時いつも真っ先に来て…失恋 朝まで泣き過ぎて八つ当たりをしたこともあったっけ私の部屋来てくれたヨシ
N! M! B!Here we areN! M! B!Here we areここには花は咲かないずっと言われ続けて来た(昔から)水や光を与えても花びらを見ることはない(言い伝えさ)それでも僕らは夢を見るいつしか奇跡を信じてる(どうにかなる)汗を 汗を流せ!歌い踊り 額から(ポタポタと)土に染み込ませろ!愛と情熱を注ぎ込め!荒れ果てたこの土地を満開に…N! M! B!We have a dreamN
Get back! Get back! Get back!ねえ 帰っておいでよいつまで強がり 言ってるつもりさ?君のことは全部わかるそろそろいいんじゃない?ささいな (ささいな)ことから (ことから)初めてケンカをした夜一番 (一番)大事な (大事な)ギターを投げて出て行った僕だって そりゃあカッと来ちゃって見てないテレビ ボリューム上げてエンジンがかかる車を無視した女なんて星の数いる勝手にしやが
ラッシュアワーの人の流れにわざと逆らうように僕たちは手を繋いで駅のホームから逃げ出す発車のベルが鳴り響き時間通りドアが閉まって押し込められて萎(しぼ)んだ夢なんか見たくなかったAH…大人の車輪動き出してしまう前に…AH 切符を捨ててここじゃないどこか探しに行こう今ならば まだ間に合う本当の自分君への愛くらいしか他に持ってないから自由とは選べることいくつもの道を…レールはないよどこへだって行けるんだ
Lily 君は今もどこかで踊り続けてるのか?Lily まるで可憐な花が風に揺れるように…Lily 僕のことを少しは覚えているだろうか?Lily あの日 ひとつのブランケット包まれたことを…どうして 時々 ふいに思い出すのだろう雨が降る夜は 特に…胸の片隅 涙が引っ掛かってる古い恋の傷跡Sorry 2人 若すぎたよね 何も見えないくらいに…Sorry 君が出てゆく背中 僕は見送ったんだSorry 夢