馬鹿 — tacica

選べる程 手段はないのに
悩み抜いた様な服を着て
その卑怯になった眼差しを
見損なえたなら 針を持て

奪い合いの再開に
起こり得る問題は
これ以上纏っても同じさ

体中が泣いたり 笑ったり
腹の立つ日がもう来ないのは
体中を今日まで使ったのを
誉め讃える日がもう来ないから

恐れ多い真実に
逃げ惑う後悔は
これ以上纏っても同じさ
そう思うだろう?

戻りたい場所は もう違う太陽を
飲み込もうとした僕を許しはしないよ
美しいのは自分じゃないから
心がまた昨日を探し出す前に

迷える程 時間もないのに
譲れないモノで出来た歴史
明かりの灯った街を観て
思い知った量を確かめる

残るべき存在に
投げ掛ける本能は
これ以上纏っても同じさ
そう思うだろう?

何れ位 思い違いがあったって
流れ出す血は赤くて
それだけを持って
立ち向かうなら 立ち止まっても
観た事もない場所へ
無事に帰れそうさ

演奏が終わったら
何処に辿り着くか分からない
演奏が終わったら
何処に辿り着くか分からない
演奏が終わっても
僕達の音色は変わらない
演奏が終わっても
僕達の音色は変わらないから

馬鹿みたいな今日が大事だったり
また性懲りもなくアナタに会いたかったり
その殆どを忘れたくても
命と似た形が僕にだってあった証明だろう