恋雨 feat.WHEE(フィ) — Skoop On Somebody

霧雨の石畳
ふたりで歩いたわね
あなたは相合傘照れてはにかんだ
無邪気なその笑顔
蘇るまるで昨日のように
願いが叶うならもう一度
出会いたい時間(とき)を巻き戻したい

温もり恋しくてせつなくて思い出をなぞっては
追憶の迷路に取り残され
雨降る夕暮れに立ち上る面影を抱きしめて
永遠に色褪せないように

薄れゆく微笑みが
私を不安にする
広く冷たいベッドで身体を丸める
激しく打ちつける雨の音(ね)が
奪い去る微かな光さえ

さよなら言えなくてつら過ぎて立ち尽くし眼を閉じて
あのときのかけらを探し求め
孤独な旅人は終わりなき哀しみと寄り添って
幻をみつめ続けるの

君を泣かさない
君を離さない
君を忘れない
僕は誓うよ
君を守れない
弱い男だね
こんな僕を許してよ

温もり恋しくてせつなくて思い出をなぞっては
追憶の迷路に取り残され
雨降る夕暮れに立ち上る面影を抱きしめて
永遠に色褪せないように

憎めない捨てられて泣かされて心引き裂かれても
もう二度と誰かを愛せはしない
孤独な旅人は終わりなき哀しみと寄り添って
幻をみつめ続けるの