ひとつ星 – sacra

肩を狭めて行き交う街
君の背に似た影を探してしまう
聞こえるはずもない声が
人ゴミをかきわけて今僕に届いた

遠く想う度にいつも
愛しさが胸しめつけるよ
深いため息 夜空にとけてく

星がにじむ街 願いは途切れてしまうかな
今日も君に会いたい
好きになる程に臆病になってくこの気持ち
どうか受け止めてくれないか ひとつ星よ

鋭くとがる三日月に
ぶらさがる誘惑が呼んでいるけど
はぐらかして来た過去達が
何度となく行かないでと裾を引いて拒んだ

冗談ばかりで自分を
ごまかすことが上手くなった
本当は報われたいばかりなんだけどな

隠し切れないよ 忘れられないよ 例えば僕が歪んでも
胸の痛みさえ道づれにしても
いつまでも恋が色褪せないままに 続くならば

切なさ抱えて流れ消えてゆくひとつ星は僕の中にある

星がにじむ街 願いは途切れてしまうかな
今日も君に会いたい
好きになる程に臆病になってくこの気持ち
どうか受け止めてくれないか ひとつ星よ