[Mummy-D]おにいちゃんもおねえちゃんもおとうちゃんもおかあちゃんもおじいちゃんもおばあちゃんもおぼっちゃんもおじょうちゃんもよく聴け これがジェイラップだそんでおれが幻のジェイラップ・スターだHa! どうだカッケーか? イタくてイナタくてダッセーか?そのカッケー ダッセー ガキのヒーローがキミを助けに行きまっせ変身! ヘイ、パーティーは何処だ? つまんなそうにしてる娘はどこだ?もし、そこの
[Mummy-D]天下泰平に微睡(まどろ)むサムライ、禄は高くないつまりドサンピン、誇り高きスカンピン。着流しに大小、手挟(たばさ)み繰り出す大山街道。茶屋の娘にウィンク ただしそれ以上はナッシングよ(笑)渋谷、金王坂上、目指す途中、道玄坂上、不意に背後に鵜(う)の目(め)鷹(たか)の目(め)。無礼であろう?名を名乗れ。拙者生まれは横浜イカレた......そう、そのDであるが、主(ぬし)、宜(よろ
ノイズだらけの アナログレコード 回れば本気モードシャベクリ倒す こちとらシロウト 気にしねぇ トチろうとスタイルはスレスレ 非合法ぐらいの逆転の思考法偉大なるアマチュア ドシロウト 止まらない初期衝動オレの名前はトーシロ よく聞きな道行くトーシロ つまり同志よ素晴らしい 音楽史のパラサイト ヒップホップは まだくたばらないオレの時代が終わっても
チェックしとけ皆の衆 この東の外れのヒップホップショウあの神秘のエリアのエイリアンが見せるぜ真骨頂サムライならとうに居ないがサムライマーならまだ日本刀の代わりに鋭利な日本語 操りステージで一本勝負Yes オレはこの界隈じゃイチバン多忙な用心棒望みのヴァースは望みの通りに納期の通りに納品しようThey call me 器用貧乏 思想信条より義理人情メッカにオベッカ使わねえよ だってThis is how
いざKICK BABY いざKICK! いざKICK BABY いざKICK!いざKICK BABY いざKICK! いざKICK BABY いざKICK!いざKICK BABY いざKICK! いざKICK BABY いざKICK!いざKICK BABY
Ride on Ride on フワフワっと付和Ride On(Mummy-D)ダンツカダンダンダン 腰にクるだろこのワンマンバンドOne DJとTwo MCs 御存知伝説の舌銃士今宵は酸欠のアンダーグラウンド 明日は灼熱のオーバーグラウンド地下でもヨシ 野外でもヨシ 何処でも愛を感じたいんだ You understand?Uh! わかんだろ? だってみんなもう子供じゃないんだろ?今この場で何が
決して譲れないぜこの美学 ナニモノにも媚びず己を磨く素晴らしきロクデナシたちだけに 届く 轟く ベースの果てに見た 揺るぎない俺の美学 ナニモノにも媚びず己を磨く素晴しきロクデナシたちだけに届く 轟く ベースの如く(Mummy-D)俺の名前はB-Boy 神の申し子 よく聞きな道行くトーシロそこのB-BoyのWanna be boy 君だ 聞こえたら即答しろ畑違い人間違いってか? わかったから黙って
午前零時 日付の変わる瞬間 雨上がりの冷気感じながら誓う またリベンジ 気がつけば人生も後半のページなのに未だハンパなステージ 時には手痛く食らっちまうダメージまるでいつか使う予定のマイレージみたいにひたすら溜め込むデカいイメージ誰のせいにも出来ねぇし、したくねぇ 「夢」別名「呪い」で胸が痛くて目ぇ覚ませって正論 耳が痛くて いい歳こいて先行きは未確定きっと映画や漫画の見過ぎ 甘いコトバ聴き過ぎ 
さぁ始めっぞ Stop the メソメソ キャッチしたぜお前らのSOSをハンケチ出して拭きな その半ベソ 任しなこの道のベスト・オブ・ベストオレだってキレそう ほんとイヤな世相なんでああ無節操 ワイドショーは消そうやたらと血相変え吊るし上げ そう「地獄への道は善意で舗装」H-E-R-O気取って人をあおる 羊の皮まとう よりオレが真っ当大抵ご法度な相手もズバッと 率直に罵倒 そのぶん七転八倒だが い
(宇多丸)それはまるでアポロ13 アリもん使ってナンボなこのパーティツラい条件じゃなく最高のハンディ 逆境DAISUKI!な孤高のダンディいっそタオル代わりに妹のパンティ 回す級 発想の飛躍 ほとんどバンジー時に招く惨事 恐れずにジャンプ!(Mummy-D)キミの器にナイものはナイ オレの口座にナイものはナイ生まれ持ってナイものはナイ 引き出しの中にナイものはナイ否、引き出しがナイ引き出しはあんの
暗闇は大地の影 月の満ち欠けは己の影Lights... Shadows...照らし出す大地の陰 浮かび上がったオレたちの陰Lights... Shadows...(Mummy-D)I go yes yes yall to the beat yall グラス満たす苦いプラシーボ体が求め出す時間帯 そうこなくちゃ お話しになんない今宵はやけにまあるいお月さん まるで キミのまあるい何かの様じゃ何か
Tokyo, Shibuyaただ漂う 漂う ただ漂う 漂うただ漂う 街に漂う 人に酔う 音に酔う Flowに酔う(Mummy-D)雑誌の中に輝く街 なけなしのキャッシュ ケツに忍ばし 足伸ばしナメられぬように背伸ばした 切り抜きのマップに目凝らした(宇多丸)そして未来に胸焦がしたEarly 80s 新しい文化の一部な気分がした 自分が工藤ちゃん気取り 公園通り グラサンかけて闊歩した少年のストー
ライカ ライカ ライカライカライカライカ ライカ ライカライカライカWe, we rap ライカ We, we flow ライカWe, we sing ライカ We, we talk ライカ(What!?)(Mummy-D)ライカ Swing Jaaaaazz!! 揺らすカラダ 揺らすFlow 燻らす煙草テイスティなパート すべて頂こう オレの前じゃオマエらなど未だ赤子マイクロフォン♯2
常に研究 常に練習知恵を結集し 君をレスキュー武器はたゆまぬK.U.F.U. 武器はたゆまぬK.U.F.U.武器はたゆまぬK.U.F.U. 武器はたゆまぬK.U.F.U.KとUとFとU わりとフツーに言うと「工夫」と言うその美徳はまさに人間固有 偉大な歴史的モニュメント級つまり ご先祖たちの探求に一個付け足す独自のブランニューとかく侮りがちなミーとユーとユーとユーたちに喝入れる直球最初はほんのちょ
We said a hip hop the hippie the hippieto the hip hip hop and
Aiyo!死 2 My technique 死 2 Mummy-D 死 2 My yesterdays originality死 2 My ステージの王の称号 呼ぶな伝説とか大御所とああ、もう、解き放ってくれ 横の棒よ 縦の棒よ野生閉じ込めたがる鉄の棒よ 色眼鏡で嗤う木偶(でく)の坊(ぼう)よオレはラッタッタララッタッタトゥルルラッタッタ ただただドラムと愛し合うパーカッションみたく当たり前に 
オレは間違う男 ミスターミステイク味わうドン底 ミスターミステイク恥かくことも多い それがどうした?コケてコケてコケてコケて Dont stop(Mummy-D)フリーズ クラッシュ 時に暴走ウィルスに冒されたような症状世話の焼けるオレのCPU焼けて焦げるまるでBBQ清く正しく美しく生きようとすればするほど狂うほど不器用また誰かを傷つけ 何かに甘えてのうのうと暮らす 矛盾抱えてだけど それが間違
もし これが音楽じゃなくて もし ただの騒音だとしてももし 届くなら届けよう その先の景色見届けようもし それが現実じゃなくて もし ただの幻想だとしてももし 届くなら届けよう その先の景色見届けよう紙に書き留められた気の触れたラブレター貼り付けるマイクスタンド 張り裂ける空気 張り付くレベルメーターガキの頃に夢見た立派な大人にはなれやしなかった でもあの日種蒔いて芽を出した雑草はついに枯れやしな
Yo, 下北路地裏 肩を寄せ合い かじる肉まん切りつける 北風に逆らい 高笑う奴らのスラムダンクYo, はたまた芝浦・西麻布・IKB ところ構わず出向きステージにべた付きのヘッズ どこの誰だ? この札月のケースあれから十数年も 忘れられねえクソでかいBig Waveあなたは俺の青春そのもの まさに Mothafuckin Rap Phenomenonしてくれ自覚そうさパイセン しなびた自虐ならこ
沸騰した熱湯みたいに 沸き立つ日本列島コイツは祭りか? 何かの前兆?まさに真っ赤、赤、赤の レッドゾーンなら ボケっとせずに 即 選択 このジパング 今一度 洗濯いたし申し候事に いたすべく Once again back
前略 ブルーなケツした ナイスガイチマチマ悩める ナイスガイ確か 十何年か前のオレだ お前はオレだ前略 背伸びしたがる ナイスガイ誰かによく似たナイスガイ確か 十何年か前のオレだ お前はオレだ前略 オレだ オレだ 未来のお前だ信じろったって 信じられまいが良く見てみな
オレはステキなダウンタウンボーイ下町のガキ ストレイトアウタ近所野放しのガキ マイクロフォン通して たれる能書きそれがシノギ Yeah Yallその場しのぎさえすりゃ 毎日がホリディさぁ 飲みに行くぜ オレのオゴリでまかせろ まかせろ 不安なんかゼロで死んだ瞬間 ジャスト 残高ゼロで結構!あの世に口座なんてねぇぞ 宵越しのゼニは持たねぇ主義気取って
「10」「J」「Q」「K」「A」 All Black Spade「10」「J」「Q」「K」「A」 All Black SpadeWelcome to Rap-vegas 眠らぬ街を 赤く照らすネオンに群がる Wanna be ども
「あと1曲!」アンコールの声が響く閉店時間このマイケルが歌い終わると電気がつく そこで突然気がつく回転止めたミラー・ボール 無惨にその素顔さらすダンス・フロア床に散らばる潰れたビール缶と吸い殻に 落とし物の首飾りまるで魔法が解けたみたいな景色 マジ見るに耐えない 目が痛いよすでに高くなった太陽 容赦なく この世界を照らしブラック・ライトの下の天使も 改めて見りゃ化粧がフォルティシモだったり家に帰ん
レッツ・スタンプ スタンプ・ラリーレッツ・スタンプ スタンプ・ラリーレッツ・スタンプ スタンプ・ラリーレッツ・スタンプ レッツ・スタンプレッツ・スタンプ スタンプ・ラリーレッツ・スタンプ スタンプ・ラリーレッツ・スタンプ スタンプ・ラリーレッツ・スタンプ レッツ・スタンプ迷子の子猫チャン達によく似た いつでもお盛んなキミまた夜毎の宴 参加しに出かける度 作る黄ばんだシミ始まるお楽しみ 決定! 獲物
マイクロフォン・チェック 1、2、3、4アーアー 本日は晴天ナリ みんな良く聞いて 俺の歌詞(始めようぜ マミー)忙しい 昨日も今日も忙しい 俺の口ぐせこればっかし昨日した事 一体何? なんだー? ロクな事してない考えて見るに だが しかし 何もしてないのに忙しいこんな状況
それは余りにも巨大な牢獄 いつになりゃあの自由に手が届くそう 誰もが夢見てきた脱獄 だが塀の外はとてつもなく遠くそれでも鉄格子とコンクリート 看守の目くぐり抜け勝つヒント見つけた このありふれた3人とあまりに長い期間ここにいるとまんざらじゃない気がしてくんだ これがまた不思議と例えば この最初の罪人 彼にとっちゃ この過酷な獄中さえただの保証された衣食住 今さらシャバで暮らすなんて苦痛むしろ感謝す
もう二度とは 来ねぇんだろうなぁ あんな時代はまあ分かりっこねぇだろうがなぁ アンタ達みたいなハナから恵まれ過ぎちゃってる若い世代だと当時みてぇな熱気は やっぱ取り返せないだろう取り敢えずハングリー だったしねぇオレらん時はもう手本がねえからさ 知恵絞って なんとかコツコツと ここまで 登りつめてきたワケだそりゃ かなりツレー時もあったけどさ 逃げちゃ負けだってなくらいのド根性プラス気合いで 本当
Guess whos back? イエー もちろん DJ JIN!とどまることなく 常に前進 ヤツは口だけじゃなく 実践し切り開く次なる新天地 言わずと知れた ステージのキングアクシデント 捨て身でしのぎ キープするハット
Like this yall, like that yallなりふりかまわず ハッキョウ黙らしな スカす奴らを見してみな 素敵なツラをLike this yall, like that yall気にしてんな