しあわせになるために — orange pekoe

ひとすじの灯り この胸に燈る
君の横顔が 温かく揺れる

悲しい思い出ならば もう 十分持ったはず

しあわせになるために
君さえいるなら もう何もいらない
しあわせになるために
今までの道を歩いてきたのね

生まれてきたことを讃えたい
出会えた偶然を信じたい
目の前のいのちを抱きしめたい
明日を待つ気持ちを伝えたい

不器用な君のたった一言が
凍っていた心溶かしてくれたの

ありきたりな言葉でいいから ねえ ずっと聴いていたい

しあわせになるために
君さえいるなら もう何もいらない
しあわせになるために
今までの道を歩いてきたのね

生まれてきたことを讃えたい
出会えた偶然を信じたい
目の前のいのちを抱きしめたい
明日を待つ気持ちを伝えたい

夜が来ても怯えないよ 帰る場所はここでいいのね
忘れかけた穏やかな日
もうひとりじゃないのね

しあわせになるために
君さえいるなら もう何もいらない
しあわせになるために
今までの道を歩いてきたのね

しあわせになるために
君さえいるなら もう何もいらない
しあわせになるために
私たちみんな生まれてきたのね

生まれてきたことを讃えたい
出会えた偶然を信じたい
目の前のいのちを抱きしめたい
明日を待つ気持ちを伝えたい