どこまでも — NIKIIE

今はじめよう あの日の続きを
はぐらかすのはいつだって弱い自分だった

君と並んで歩いた坂道
つまずいて転んでも起き上がれてきたよ

僕らを急かす未来は行方知らず
でも止まらない

あの日の笑顔もあの日の涙も胸の中にあるから
何回季節が巡っても帰る場所を忘れはしない
同じ空の下 それぞれの道へ 僕らは歩いてゆく
何度も何度も立ち止まりながら

君と出会えて良かった 心から思う
僕が僕で生まれてよかったと思えたから

どこまで歩けばいいの?
君は笑う「どこまでも」

どんな世界がどんな未来が僕らを待ってるんだろう
二度とは帰らぬ今この時 向かい風も味方にして
何度も何度も立ち止まりながら それでも歩いてゆく
踏み出す一歩を確かめながら

あの日の笑顔もあの日の涙も胸の中にあるから
何回季節が巡っても帰る場所を忘れはしない
同じ空の下 それぞれの道へ 僕らは歩いてゆく
何度も何度も立ち止まりながら