ハダ色の日々 — MOROHA

部屋の鍵閉めて 肩を抱き寄せて
歯の浮く台詞さえも噛み締めて
溶けるアルフォート 冷える足元
暖め合う為 擦り合わそう
明日は何処行こうか?
何食べようか?って意見交換
気が付きゃまさぐり合ってヤって
服も着ないで眠りの中へ
あなたを守る兵隊でありたい
時にはケンカしてイタイイタイ
それでも仲直りの天才でいたい
夜は内緒 変態でいたい
湯船の中で浮かべた世界は枕の上お揃いの願いさ
ピタリくっつける額と額
その目に映す未来が見たい

赤 オレンジ 黄色 緑 青 ネイビー 紫
この星のネオンに肌色がないのは
迷わずあなたに帰れるようにと

2時間後には仕事が終わる
あと3時間後には君に会える
15時間後には仕事へ
でも27時間後君に会える
そんな毎日はきっと果てなく続けば何も感じなくなる?
恋はいつの日か情に変わる?
でも情こそが愛情に染まる
「死ぬまでずっと二人でいような」
その約束も共に破ろうな
いつか三人になって 畳の上に並ぶ川の字のせせらぎ
手と手の間に我が子挟み 連勤 残業 さえ平気
定期の中 忍ばせた写真 疲れた時の秘密兵器

赤 オレンジ 黄色 緑 青 ネイビー 紫
この星のネオンに肌色がないのは
迷わずあなたに帰れるように
赤 オレンジ 黄色 緑 青 ネイビー 紫
揺れる七色の光の中 あなたの肌色だけを思う

信号待ち見つめる赤 今日のお買い得シャンプーオレンジ
レンタル返却袋は青 指先転がす月は黄色
弁当の中のギザギザの緑 六年物Pコートはネイビー
近所のババァの髪 紫 日々彩る七色の光
それさえもたった一色 たった一色が照らしてたんだ
ずっと求めて一人彷徨って その肌色を探してたんだ
誰とも違う 二個とない色 俯く時こそそのぬくもりを
派手さはない 華やかでもない けどほろ酔いで頬がバラ色の君
俺なんか…と口にした時 あなただからの声を聞かせて
あたしなんか…と口にした時 あなただからの声を枯らすよ
楽勝で爆笑ばかりじゃないぜ
でも 今の灯りを信じれば良い
幸せは なる ものではなく 今ここに ある と気付くのである

赤 オレンジ 黄色 緑 青 ネイビー 紫
この星のネオンに肌色がないのは
迷わずあなたに帰れるように
赤 オレンジ 黄色 緑 青 ネイビー 紫
この星のネオンに肌色がないのは
迷わずあなたに帰れるようにと
肩 首筋 おでこ つむじ 頬 繋ぐ指先
揺れる七色の光に包まれあなたの肌色だけを きっと ずっと
赤 オレンジ 黄色 緑 青 ネイビー 紫
揺れる七色の光の中 あなたの肌色だけを 思う