波の華 — Miyuki

雪降る中を 蛇の目の傘で
貴方を想って 北の海岸
遠くに見える 岩はだに
波が砕けて 白く咲く
いのちを尽くした 人なのに
消えて儚い 消えて儚い
波の華

灯りが揺れる 海辺の酒場
注いだお酒に 浮かぶ面影
ひとすじ頬に 涙あと
忘れられない あの夜が…
すべてを許した 人なのに
溶けて悲しい 溶けて悲しい
波の華

ふたりで一緒に 過ごした日々を
想えば深深 肌が震える
心に残る 傷跡が
いまも癒えずに 辛くなる
こんなに愛した 人なのに
風に舞い散る 風に舞い散る
波の華