夜の朝顔 — Miyuki

夜明けと共に 朝露落ちて
つるに抱かれて 咲くと言う
うす紫の 絣(かすり)の着物
どこか寂しい 細い影
はかなく咲いた 小さな花よ
ネオンがくれの 夜の朝顔

似顔絵描いた ボトルを抱いて
甘い香りに 酔いしれる
重ねた無理の 濃い目の化粧
回る指輪に 目を閉じて
幸せ薄い 優しい花よ
落とす涙の 夜の朝顔

鏡に映る うなじの白さ
指でとかした 後ろ髪
涙を隠し 世間を渡る
いつか恋する 夢を見て
雨降る夜の 可憐な花よ
ネオンがくれの 夜の朝顔