このかなしみはかなしみは まだ癒せないただ君がいれば君がいれば暖かくなれる忘れたい記憶ずっと奥深く 体の中で今も焼きついている真夜中の記憶朝はまだ遠く 気づけば君を思い出すほんの少しだけ 強くなれるまで僕の味方でいてほしい(そばにいてほしい)どんなかなしみも こんなつらい日もAh 君がいるから ひとりじゃないその苦しみを苦しみを 今分け合おうそう嫌いなアイツも誰も願いはきっとサイズの違う幸せでしょ