いいじゃんか Party People いいじゃんか Party Peopleいいじゃんか Party Peopleまだまだまだしたいじゃんか Party People したいじゃんか Party Peopleしたいじゃんか Party
最初は嫌いだったのBut I dont know whyただ君を好きになる事が出来なかったOh cus you perfect (Had everything I didnt have)何をしたってI know
So I Dance Dance何も考えずにLets just dance all night溢れてくる ハピネスShare it with the worldCus I
なんか食べたいでも我慢よお腹が空いてクラクラよOh I know, Just a little では変わらないBut if I take a bite you know
なんか食べたいでも我慢よお腹が空いてクラクラよOh I know, Just a little では変わらないBut if I take a bite you know
ばらまいたDiaries冷め切ったCoffee止まない雨ぼーっと眺めてたPen to paper I begin心の雲を飛ばしたくて書き出すMy Everything…後悔なんてしてないけどI just need you here right nowOh Oh…忘れかけてた君の香りも雨と降って来て包むMy Lonely
When I wake up Im standing In a strange placeAnd I just dont know
無駄にでかくなりまくるPhoneアラーム速攻消してBack to sleep気付いたら二度寝しLate for work againAh…同じEveryday頭下げまくるDayが待ってる面倒なOh…My life無理に気遣いフェイクにForce a plastic smileHuh…だるいeverydayBut listen to what I
Tokyo LondonAre you ready?MiChi MadNesSTokyo JapanMiChi and T.O.MSending you some Madness...Switzerland...Ha Ha Ha...Now let
Monday 一人のLonely Dayこんな晴れてる日もどうして曇って見えるの何で、この場所、この道理由なんて分かんないでも意味はあるはずよもう泣かないもう逃げない何度も自分に言い聞かせてきたの幼い夢もこんなはずじゃないの未来が崩れてく大丈夫って言ってくれたよねいつも近くでそっと手を伸ばして何も聴かずにわかってくれた忘れないよずっと…One day (One day)旅立ったCloudy day
まだあなたの隣にいるのは Why?I decided not to call youもう会わない何度も決めたのにまた Thinking about you all the time二人が出会ったことWont you
Hello, Bonjour, アンニョンハセヨ世界中のPeopleここが Meeting Place渋谷 Drinking Coffee見下ろしたスクランブル CrossingPeople running round to get somewhereAt first
信じる事を Dont stop全てはそこから Start away運命なんて Make yourself変えられるのは Only youYour mind can change the worldGo on and change the
I stroll in you stareI wonder why Im hereHearing the same old linesあきれた ExplainingWhere
All I know is all this started back in 95真っ暗の道ふらふらすすむMy wayIm searching for answers人はなぜ夢をあきらめるの?Youll
Get a lil closerLong time no speakなGirls talkSpeak a little louder胸はってShareしようよTry a little harderLets
唇が I-アイ-伝えたがる「君のため 生きたい」吹き曝(さら)しの三日月 欠けてゆく 当て所(ど)なく明かり費(つい)える日まで 気付けない 流星(ほし)の刹那(いのち)護られてきたよ 何も知らず 絶対領域で 愛のなかでいつか 翔び立てる瞬間(とき)を 熱く 強く 深く 信じ合い羽化(うか)してゆく 夢は、翼唇が I-アイ-伝えたがる「君のため 僕がいる」と偽らざる物語を 綴(つづ)ろう 絶え間な
夢の中みたいな浮き世離れした超常性ワールドは現実主義な僕らを戸惑わせる判然としている結末を嘲笑うように自分だけが特別なんだこの世界の本原則は自分以外のその他大勢は従属物でしかない周到に創り出されていくエキストラ予想通りのエンドロールは理想通りにならなくて何度もリセットして繰り返していく内に存在理由すら忘れていった限りあるこの瞬間を限りないほど僕たちは無駄にして生きてきたのだろう臆病な心に嘘を吐(つ
Wow wow wow My friend! We can try!Wow wow wow My friend! We can fly!時に Bad
明快なセカイじゃないだから作戦練ってよ熱くなり過ぎたって醒めてたって 自分らしいから紐解きたいナゾの中手掛かりはまだないのに五感荒ぶり 急に駆けだした荒野は嵐だった最高のモノしか欲しくない勝手な心理最高のモノだけ探しに行こう ゼロの身体から僕たちは何も知らないんだもっと感じたいチカラは(Oh yeah!)今を(Oh yeah!)全力で走ること言い訳のアクマってなんて優しげに微笑むのだろうNo, No
「軽蔑していいわ…」この夢を 棄てられないDoubt 真っ赤な虚構(ドレス)纏(まと)いLoud 真っ逆さまに堕ちるLaugh そんなのお呼びじゃないわ「ダ・レ・カ・ノ・レ・プ・リ・カ」Fake 真っ青 装飾(メイク)を剥(は)ぎHate 真っ直ぐ視れない表情(かお)Gaze「どんなに弱いか」知って 変われるCatch me, Touch me if you can!迷い 振り切るほどCatch me
聳(そび)える雲の城に 虚構と真理 見つめて晴天の霹靂(へきれき) 篠突(しのつ)く雨は 止まない命が蠢(うごめ)く森 過去 今 未来花と恋の色 うつりにけりな美しき故に 泡沫(うたかた)と消える ささめきことこころ 宿す空は 鼓動 停めず瞬(またた)く今日と明日の その狭間愁(うれ)いと裏腹に 黄昏(たそが)れる春の桜流しさえ 夏の空蝉(うつせみ)も時の柩(ひつぎ)に 攫(さら)われて秋の穂に紛
たゆたう夜の光 この日々の約束星空と月影に途絶えてしまった血塗られた運命は どこかでまたさまよった想いに遥(はるか)小さく震える君の羽にはかなき夢の続きを今伝えるゆだねられた歪む雨 桃源郷悲しみの世界で僕が見た希望を君にもあげる傷つくことならば怖くはないからただ一つ君の手握りしめていたいだけこのまま…消えゆく無数の願い 数えてしまう叶わぬ願いならばと かき[消し]てしまった手のひらをこぼれてく 涙
Easy come その場凌(しの)ぎじゃEasy go 何も残らないそんな事 いい加減 解ってるでしょ?Wanna wake 過ぎ去る時にFace to fake 感傷 浸(ひた)るよりやるべき何かが 存在するわあらゆる柵(しがらみ) <Go my own way>貫くスピード 静寂 <Goes on>撃ち抜くハートビート <ひとつ また ひとつ>重なってゆく音色(おと)夏の終わりの <Melancholy
茜射(あかねさ)す歩道橋 ふと立ち止まればすこしだけ 近い空 離れた街 想う君と落書きした 夢の設計図「憶えてますか」意地っ張りで でも愛しい日々アルバムのなか 溢れる笑顔挫(くじ)けかけた背中 支え合うように頬を伝ってく 流星は夢のため 今日も奔(はし)るどんな遠くても 視えるほど輝くよ この東京(まち)で「いつも傍にいるよ、こころは」二倍速の雑踏 時に戸惑って何回 君に 弱音を吐き 叱られただ
Now, Hurry! Comin Fantasy! 夢を探してる 捜査線はヤブのなかきらきら光る 意思は 磨かなきゃ 風化してくだけMore, Boogie-Woogie! Wonder Line!鼓動が波間で グラマラスな熱になる言葉にならない予感 渦巻いて 胸が騒ぎだす 夏が色めきだす青春群像(ぐんぞう)劇には 縁(ゆかり)のない はずなのにまるで「ギミック」「トリック」「ゴシップ」「ステ
翼が欲しいと ただ願った 幼き夢を「嘘に変えたくない…」迷いばかり 宙に舞う「明日」という言葉の その重力 肌に感じて騒がしい雑踏で 狭い空 手を伸ばす涙にじむ 星と 星が 星座になる「1人で今日、此処に 来た訳じゃない」と知るまだ名前さえ持たない この羽根たちには皆からもらった 物語が生きている勇気と誓いを 1つの翼に 限りなく 翔(と)ぶから君には愛を [淀(よど)みなく] 空には希望を はた
誰も皆 孤独なStray Cat 授かった その名前片切符(かたきっぷ)に <時を> 渡るの藍色に 滲んだMissing Link 揺れ惑う 運命(さだめ)たち共鳴して 絵空(エソラ)の扉 叩く鏡越しの少女性(よわさ) 背けて 逃避行は 赦(ゆる)されない想う故に 心臓が叫ぶわDont Stop!傷みを伴(ともな)ったって このひと足から 変えてく感情論じゃ 語れない 私のREAL 曲げないで「
Summer rave! 水しぶき上げてみんなで叫べ 真夏のオーケストラ「青空の引力?」 街中が 目映(まばゆ)さで浮き足立っている 願ったら…翔(と)べるくらいに「行こうよ!」渚へストライド ほら裸足で駆けだしたら バケーション向日葵みたく Smile 太陽に恋をしてSummer rave! [騒いで] 水しぶき上げてみんなで叫べ 真夏のオーケストラDont be afraid! [飛びだせ]
衝動から 幕開ける 運命たち 待つのは 希望か 絶望か紅く錆びた 時世(ときよ)の歯車が今 軋(きし)んで 嘲笑(あざわら)う静寂を掻き消す慟哭(どうこく) この胸を引き裂く哀歌(エレジー)身体中 暴れ出す 血潮が叫ぶ想いは「君よ、止まるな」立ち向かえ 幾千 芽吹(めぶ)くその困難に白か黒か 暴くその宿命に生きとし生けるものすべて心臓を叩く理由(わけ)がある そして Cry for the Truth