木蔭に吹く真夏の風のように優しいその手がそっと髪を撫でていた繰り返す海の泡のような憂鬱を追いやって忘れ掛ける夢御伽空の淵まで 抱かれながら堕ちて 彩り奏で出す原色達Dear Angels あぁ どうか 誰も知れない世界へいざなってやがて雨は通り過ぎて立ち込める白い霧がすべてを覆ったそして人はまた命の炎を知らせる愛よ 祈りよ 永久に高く続いていく どこまでも 未来 時 輝きDear Angels あ
Diabolos38 視線は彷徨って虚ろ気赤いハイソファ 眩しい光で白く染まれThe sun is doing a nap お前に踊らされていたね甘い誘惑を囁き続けた黒い鳩過ぎ去った日々にお別れを告げよう何も言わずに朝を迎えよう創られた世界の中あなたを今遠くで感じている雨の日も風の日もさようなら あの頃には戻れないね これで良かったのかな魔法仕掛けの言葉過ぎ去った日々にお別れを告げよう何も言わず
遥か遠い空の向こう 不意な思惑 怯え続けた憎悪の泪の中 弄ばれ消えた自由はどこかへと見知らぬ人々の群れに目を閉ざした 拒み続けたなぜ君は心を壊した事にさえ気付けないの崇高なる宣言の影に見えぬ幾つもの愛の叫びを夢の中でさえ 叶いはしないけれど夢見ているのさやがて明日へと 想いを託そう まどろみと共に永久の僕は「キミ」に彩られた死をすり抜けて いつか見た未来へ解き放てばあなたと二人 揺られて抱き合って
Seem the entrance of Coalsack ahead of this.Though it has come fairly long and
夕闇 赤い月 時の華に留まれ波は夢に惹かれ 満ち日 歪む引力The seas covered over with flowers.格子から見るようなGranted that its true I cant hate her.どれくらい季節は変わったの?The seas
真っ赤なドレスに転がるピアノ 君は叫んだ舞うゴシップに闇が狙う 死神と踊ろうよパーティ境界線は紙一重人は風まかせ 例えるのならば空へ舞い上がる花々の命波打つ防波堤 君は憶えてる?変わっていく 変わっていく 意識へ飛ばした夢への手紙眠らぬ街に白い影 死神と踊ろうよパーティねぇ 聞いてチェルシー いつも漂って心惑わせた誘惑の香りモダンな速さで 弾き金を引いて染まっていく 染まっていく 散らかるリキュー