だから帰ろうって言ったのに ママと指切りしたのに夕日がさよなら言わずに早く帰って行っちゃった僕らよりしかめっ面の公園のトーテムポールが通せんぼ困った僕らを励ますように そのとき電気がついたどうしてかな?どうしてかな? 付いて来る あのお月様かけっこして止まっても 同じところで僕らを見ているよどうしてかな?どうしてかな?付いて来る あのお月様迷子にならないように 照らしてくれているのかなイジワルなネ
お前と言うといつも名前があるって怒るからここじゃ君と呼ぶ今日という日は、もう無いから かしこまっても良いだろうもしも君に出会えなかったら 俺の薬指は空いたままそんなこと考えてたら 鏡越しに目が合ってメイクさんにモデルみたいだって言われてたの聞いて からかって本音は、これほど白が眩しいって初めて知ったよ君の頬に 君の頬に 揺れるキャンドルが教えてくれた潤ませた瞳に 俺はこう強く誓った「君の頬に 君の
Yeahもう一度耳澄ませば 聞こえるよNever say never YeahYeahミルクから始まり いずれは総入れ歯 ならば今はどの辺か?いや残りはあとちょっとそう聞けば 過去にしがみつくだけさ天才だったらあぁなれた チャンスがあったら叶えたそういう言葉否定して生きたらもう少し変われただろう忘れたいメモリー あえて書き残そうメモに生まれた鼓動 気持ちと行動を同期させる様心の叫びを歌詞にして不格
Wonderful day…今の気持ちをランキングすれば最下位と そんな辛い時もあるだろう明かりも点けずに膝を抱えてるAll night longそんなシーンも 人生におけるハイライトの「光の源」すべて必要な出来事だったと思えるまで何度落ち込んだら 何度傷付いたら限度ってどこから 人は痛みに慣れるのかな後になって知った愛や 信じた人に言った「Liar」リペアー出来ない失敗や 未曾有(みぞう)の非常
何か 何か 返したいのにこれまで手つかず何が 何が 出来るのかって思いを巡らす刹那と言う小さな入れ物に 感謝の気持ちをたくさん詰めてA gift for youおぼろげながら覚えてるよ 額の冷たさ 氷水の音真夜中 微熱を越えてると 朝方まで看病いつものこと産まれたときから小さくて 「前ならえ」は腰に手のアレでした小児科通った思い出多くて 注射のご褒美 飴でした幼き私 背負い雪の日も雨の日も 丈夫な
気が付けば積もった雪も雫のビートを刻んで解けてこんな言葉とメロディを春の息吹と陽気に乗っけてこの機会をって思えて スマホ触る手を止めてまた会えることを求めて 伝えたい気持ちをお届け思い出は浸るモノ だけど過去と呼べばそれは超えるモノその狭間で誰もが未来のために「今」を 口ずさむよAh ずっと 本当はうずくまってたよAh じっと 目を凝らせばそこにあなたの笑顔何かを変えようとすればするほど 変わらな
拾い集めた なんでもない様な石ころ 誰かにとってはただのボロそれでも何か価値あるモノ そう信じたあの頃の心いつかと言えばLong Time Ago 誰にもきっとあったであろう幼き日々の宝物 それを大事に眺めた過去ついさっきまで 少年はたくましく校庭に立ってたいつか大人になって 前に進むために地を這ってたあれからどう過ごしてきた俺ら 手繰り寄せたはずのTreasure一瞬で消えたかそれともForever
突っ立って居たって始められんて言ったって至って無理強いはせんけどまだ馬鹿になれんなら 音で繋がる仲になれん頭から嫌なことリセット 待ちわびてた人にリスペクト今からマジ上がる気ですと 任せとけそのリクエスト感じたいなら開けおまえの 段違いに高ぶるmindParty timeで自分自身を さらけ出す真の音好きはいるの?感じねぇなんてマネキン人形 開始で動かしてやる心臓Dont be shy 本気で 
COMPLEXの強い塊 と連鎖するPRIDEの塊単なる遠慮の塊 正直になれず嘘の塊もう一杯 悩み苦しんだきっと十分にもう一回 TRY出来ないような気分に遠いかい? 思い描く理想の自分に 問いたい未来そして今までの自分に出まかせ 出まかせでも いつか持てる本当の自信やってもないのに未来を想像して初めからもうダメだって気持ち落ちてそんな時もあるけれど止めることなく日々更新していく自分のPOSITIVE
エントランス見な見な してるキラキラオシャレした姫たちずらずら来た来た空間に香り立ち込める タッチパネル触る手を俺たち止める目が(目が)血ば(血ば)しってる くらいにチラチラ見てるそれ見られてそうで 冷や冷やグラス片手にスタンバイ お近づきの印に乾杯どっから来たとか あの映画見たとかコミュニケーション話題は共通点に特化会話の中に探してる君のガード崩すべく攻撃の言葉下ネタまがいのツレからのキラーパス
もっと会うことが出来たら なんでやっぱこんな俺のせいかな帰り道歩く駅から 君のNumber探す履歴から元気そうな声にほっとして受話器のむこうに耳を澄ますと遠くでTVのざわめきと君を呼ぶ電子レンジの音そこに居ないもどかしさ 思い綴ったのがこの歌詞さ抱きしめ合えない愛の形は 言葉が繋ぐ二人の明日会話の中に隠してる 寂しさが逆に明るくしてるあまり俺に言わなくしてる でもたまに泣いてるの知ってる声聞ける 
ここで再度俺ら態度示さないとだからFight何も無いとありがたいと笑う大王特に配慮無くて賽をふれば最後 ダイナマイト仕掛け解雇 ならぬ退去とどのつまりはHideまるで大の大人たちの くだらない文化祭を外から見てなさいと いつもそんな対応本音は時が来るまで内緒 思考回路 ダークサイド それ自体を排除そちらだけの都合なのにあとは決めて命令それを下すことでガラリ変える皆の運命ずっと両手使い耳に蓋をしてる
Please please exterminator の声に俺の答えはずばり任せなこの音に合わせ言葉放てば 苛立ちを駆除するEntertainer抱いたそのわだかまりは 耳元を飛んでる蚊みたいなそんな程度に思わせたいな 人を酔わせるそれこそ舞台だ耳障りな言葉やたらやたら飛んで来て嫌だな軟な軟な心じゃ中々渡れない今の世の中は気を張るほどに溜まるストレス あっちこっちで発すSOS君や君のどんなケースも
野口五郎の地元愛もちんちん<熱々> 田中邦衛あの人も岐阜やもんで伊藤英明、Qちゃんも 鶏ちゃんと飛騨牛もうやっこ<半分づつ>金の信長 燦々と その影に道三の存在を知るネオン煌めく柳ケ瀬 出会ったならLadyとやらかせ えか<良いか>ホントかどうかに興味あり 県平均胸囲は驚異のE<やて>下呂が日本の三名泉 なら金津園も言っちゃ三名泉やん机は、つって<動かす>自転車=ケッタでくろにえ<青あざ>出来たな
きっといつかは君のパパも分かってくれる(二人の愛を)後を向いた ふるえる肩を 抱いてあげようだからGood Night Baby おやすみなさいって口では言うけど本音はどう今まで結構辛抱してきた今夜の俺にお預けのNOあえて呼びますお父さんと 僕らはもう大人の男女育ちざかりですMy Sonも 娘さんを前にして利かん坊グッドナイト グッドナイト ベイビー 涙こらえて今夜は このまま おやすみ グッドナ
見失ってる自分の位置 不安に満ちてた毎日でも譲れないその意思 Oh~OhYeah ah Yeah ah 強がることでバランス保ってた抱えきれないほどのモノ一人で無理に背負ってた闇夜にはまるで月の光 導かれた先に君がいた黒雲の隙間の陽の光 自然と僕の心を君が照らしてた無理にどうにかしようと行動する だけどより絡み合うコードもう後戻りは出来ないぜ Oh No!なんて不安な気持ちはHold Down人生