愛のむこうその手にいだかれてみだれた空と咲きほこる花愛のむこうで悲しみ いやされて争うことなど無駄なことだわ愛の手をひらいて愛を手にいだいて いて愛のむこうは喜び みちているいいことだけを言う人はきらいよ愛の手をひらいて愛の手をいだいて いていいよね
だらしない あたしの顔を見て口笛をならして あの丘に行こうよ- 僕の太陽 目を覚ませ -愛してみたいの ひたむきに…とめられない?その清さ 歌いだして時を止め 「火をおこせ」もっと走れ 孤独な願い「どうしたらいいの?」うまく泣けない…もっと走って 僕のところに大きな木が動くの? 自由に…あたしはカバンに靴をつめこんで連れていくのは 誰よりも速いのよあたしのバスタ女神は輝く星々を捧げ正しい行いは ひ
どんなに泣いて 涙ながしても結局 何も変わらないの?たかまるわ たかまるわそんな時でも 自由に時間は何も変わらず過ぎてゆく…いやたかまるわ たかまるわみつからない…あたしのジェイドは?みつからない…あたしのジェイドは?みつからない…あたしのジェイドは?動かないいたい いたい いたい いたいよ(セリフ)気がすすまない なんで歩かなきゃいけないの?とまってみたいだけ? ふりかえってみたいのよ おそれな