果てしないこの地球 夢はどこまでも続いていた描いたボーダーに窮屈になっていくよ同じ空 同じ夢 見上げ 手をつないで歩いた小さなすれ違い 気付かないままAh 振り返りもせず きっと平気な振りして「オレのそばにいろよ」揺れてキスとキス 重ね唇とまどい追い越してゆくもしまた会えたら離しはしないからガードレールに口づけて バッドラックに抱かれてる目を開けても醒めても 見果てぬ夢my my my… love