心の奥に咲き乱れた名もない花 贈りたいあなたに巡り会えた奇跡“ありがとう”って叫びたい何も言わずにここまでついてきてくれてありがとうねだから歩いて行きてえと思うんだ毎日毎秒 歌を歌って 絵本の中の坂のぼって下って気づけば空回り あさはかになり朝っぱらになっても あなたがまた笑いさえすりゃかまわないさいつか鳴ってたあの日の音源もつけっぱなしのままだよコンセント僕の声が枯れて無くなってもそうずっとこの