泣いたのは僕だった弱さを見せないことが そう強い訳じゃないって君が言っていたからだよI believe息が冷たくなる帰り道にただ星が揺れている確かめたばかりの淡いぬくもりさえもう忘れそう人を好きになれることに初めて気付いた 今は泣いたのは僕だったつながった冬の星座この空に消えてかない様に見つめていたんだよI believeかじかんだ手のひら離れぬ様に いつまでもふれていたい伝えたい言葉を繰り返すの