さくら舞う季節に 追いかけた 君の影法師急に泣くなんて らしくなかったでしょう?君は困った顔で ただ少しそばにいてくれた今も覚えてる 何年経った今でも卒業写真に写る 2人ぎこちなくて手を繋ぐだけで 精一杯だった あの頃楽しい日も 涙の日も 平凡な日々もどんな時も君と 歩いてこれたんだね桜の日を何度巡り 幸せの数を花びらのように君と2人 咲かせてゆこう未来への贈りもの春がやってきたね またひとつ年を