すばらしい ものがたりおずおずとふれあうわ指と指ほんのすこし、すこしずつやさしさがひらいてく愛のとびら真実はただひとつしあわせは隠せない誰の目にもなつかしい歌のように凍りつく季節さえ変えながらすばらしい ものがたりおずおずとふれあうわ指と指ほんのすこし、すこしずつやさしさがひらいてく愛のとびらやさしさがひらいてく愛のとびら愛のとびら
ささやく冗談でいつも つながりを信じていた砂漠が遠く見えそうな時もぼやけた六等星だけど 思い込みの恋に落ちた初めてプライドの柵を越えて風のような歌 届けたいよ野生の残り火抱いて 素足で走れば柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないでねじ曲げた思い出も 捨てられず生きてきたギリギリ妄想だけで 君と水になって ずっと流れるよ行きついたその場所が 最期だとしても柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒
HAPPY DAY声だして yeah yeah yeah高鳴る胸本当の夢Hello HAPPY DAY心模様刻む鼓動何て正直なんだろう朝がくると繰り返す魔法何度でも生まれ変われるため息、回り道君だけじゃないからAh 今日みたいな日がやってきたこと祝福しよう ありがとうHAPPY DAY声だして yeah yeah yeah高鳴る胸本当の夢Hello HAPPY DAYここで手を広げ
Whats the color of your loveWhats the color of your wishWhats the color of
後悔したって泣いたってもう一度だけやり直せたらって思っていいのそれでいい心から彼を愛していた証いつか来る別れが 少し早く来ただけ本当の優しさをくれる誰かがきっといるから泣けるだけ泣いたらねぇ、顔を上げて 笑顔見せて Smile at me許すたびに傷ついて自分らしさ 無くしてしまって臆病になって我慢だけそれでも彼だけ 信じ続けてたねでもそんな恋は愛になることはない本当の色のまま 素直な自分で輝ける
いつも傍で笑って ずっと一緒だよってかじかむ心重ね 揺らす炎は燃え尽きたまんまいつの間にかに蒸発 Yes No 答えた Answerつけた足跡 一歩 高く空に舞い降りた結晶一つのポケット二人手をつなぐ季節変わりのショーウィンドウ眺めもう君はここにいないけれど伝えられるのなら Im still into youもう君のぬくもり感じられないため息やけに白く消えてく 冷たい夜一人きりの季節の中でどれだ
I dont want a lot for ChristmasThere is just one thing I needI dont
Thinkin bout u all day long, all day long, all night longDamn, damn my
When you walked into my life I felt you were the one星座をならべ 動き出す StoryI wanna
Are you ready?Are you ready for tonightLike a shinin super starI wanna have a
君が笑っていた 向かい側のホーム隣りにいる彼女と 自然に手を繋ぎ「好きな人がいる」そう言われた時に 行かないでって 言えたらこの運命は 変わっていた?まだ戻れると 微(かす)かな期待風の音 消されて...気づかないで 気づかないでこんなに悲しい 顔した私君が乗った 電車が動き出す私とは逆 離れてゆくYoure gone (Bye
碧い風がいま駆け抜けてく未来に向かってずっとくすぶってた胸の傷みを君の優しさが消してくれたのあの先の急カーブ 潮の香り光のアーチくぐればそこはParadise溢れ出す Shiny Sky 熱い空に近づくよ Shiny Sky君との距離がいま触れ合った素肌に感じているトキメキ呼吸(いき)が止まりそうよ駆け抜けて Shiny Sky 二人だけの太陽を Shiny Sky抱きしめて行こうよひとりじゃない
瞳閉じても君を感じるよこの夢の先 きっと二人つながってるFeel It 離れていたってFeel It 永遠(とわ)に想い変わらないFeel It 届けたいこの気持ち My Love遠くはなれた君は (Whats on your mind?)今は 何をしてるのかな?昨日のメールは短くて…胸騒ぎ 心配で「逢いたい」と書いては消してFeels like youre here
Within youeself 生まれたての光始まりを 告げる合図Believe myself 夢のかけら並べ映し出す 星座を描くほらjust go into orbit 紡いだ煌めき叶えたい願いへ 繋げてLittle Star
君の肩に もたれながら 見つめてるきらめく海 静かな空 言葉もなく優しい声 ほら隣りで 名前を呼ぶくすぐったくて うれしくなる 恋人だってこと届かなくて 悩んでた日々は今はhistory 1人じゃない you know what
部屋の片隅に 残ったままの 吸い殻と想い出 捨てることが出来ずにすれ違いの日々が私らしさを壊してく気がして突き放したけれどそっとそっと手を離すから ためらい寂しくて泣いた…あなたの面影 夜風でカーテン舞うと あのころの香が漂ういつかまた二人 出会えるのなら同じ場所で同じ時間に目と目合わせてもう一度だけ「好き」と言わせて そう、出来るのなら…最後の電話で「ずっと好きだよ」と言われて 2ヶ月の また一
輝きだした雲の切れ間を見上げ思いっきり両手で空を感じてみて今日が渦巻いてく 朝が急いでく私は後を追いかけてゆく「どうして?」って言われてもわからない通い慣れた道や器用な会話をキープ心のリズムに耳を澄ますこの街の日差しが少し歪んでみえたよ輝きだした雲の切れ間を見上げ思いっきり呼吸をしてる私がいるそろそろたぶん目覚める時よ きっと選んだ旅立ちに kiss を hug を夢をそうね荷物は飾らない気持ちと
Let be happy together yeah yeah ×4ねむい目をこすり カーテンを開ければ雲の隙間 差し込む bright morning sun眩しい光が 世界をノックして願い事が ひとつ
出逢ったあの日 始まったふたりのストーリーありふれた世界の景色を そっときらめきに変えたいつもこうして あなたの手に触れるだけでため息色の一日さえ やさしい色をつけるどんな言葉よりも 分け合うぬくもり 感じているからずっと胸の奥で 大丈夫だって思えるよあなたと見つけた 確かな愛しさを 暖め続けたいふたりの心を繋ぐこの想いが 色褪せないように思い通りの希望なんて持てない時代行き先を見失いそうで とき
大きな帆を立てて あなたの手をひいて荒れ狂う波にもまれ 今すぐ風になりたい天国じゃなくても 楽園じゃなくてもあなたに会えた幸せ 感じて風になりたい何ひとついいこと なかったこの町に沈みゆく太陽 追い越してみたい生まれてきたことを 幸せに感じるかっこ悪くたっていい あなたと風になりたいFly・Fly・Fly awayそこには無いんだ Rainy dayFly・Fly・Fly away星に届くくらいま
ふたりでいるから ただそれだけで強くなれるよ いつだって信じているから あなたといれば どんな未来も きっと 輝くよいつからだろう? あなたの夢こんなに大事に 思ったの挫けそうな夜も 勇気をくれたのは あなただからこれからもずっと それぞれの夢を 支え合っていたいふたつの願いを ひとつに重ねて同じ時間(とき)を
ありがとう ありがとうあなたと過ごした瞬間(とき)はいつまでも輝いて Youll always be in my heart振り向くたびに あなたは笑ってくれたひとりじゃなかったから 現在(いま)にたどり着いた痛みを憶えて人は誰でも 本当の優しさの意味を知るそして…強くなるんだありがとう ありがとういつもと同じ笑顔で 手を振って明日へと歩いて行こうあきらめかけた くじけそうにもなったそれでも前を
Ill be your energyIll be your sunshineIll be your love and comfort youWhen youre
君がいて そばにいて風を抱いて 夢を抱いて君が空を見てた遠い空を見てたその目に涙いっぱい浮かべてどんなときでも絶対泣かない君なのに独り震えるように泣いていたあの日あのとき描いていた未来像が時々見えなくなる夜その悔しさと切なさと喜びを私も感じている君がいて そばにいて私は強くなったんだねyour heart きっと抱きしめて同じ夢 同じ時間(とき)一番分かりあえるのはそうずっと君だから弱いところもち
「君が好きだよ」 …ずっとずっと出逢った日から 感じてた 特別な気持ちあした 打ち明けるよキセキ待ってる… Ill say I love youこんなに人を 好きになるって始めてだったから (I think about
吸い込まれるように 惹かれていく映画のようなmiracle 起こしてみたい回りだしてるthe story of lovin...届けに行こうこの想いだけいつも通りの 町並みさえも キラキラしてる oh baby人込み抜けて キミの姿を つかまえ 駆け寄るのよこの日のために つけたネイル
この広い世界で 出会ってしまったこんなに愛しくて こんなに悲しくてホントは「好き」よりも 伝えたかった言葉この胸いっぱいの 「ごめんね」と「ありがとう」I give my heart youre my loveあなたといると 私すごくキレイでいれたよI give my heart youre
近すぎて見えない想いが今でもあるからやさしく伝えてほしいよ…Remember, remember, rememberこれが最後のメールと そう思ったら言葉見つからなくて 時間だけが過ぎてくもしも嫌いになれたら もっと楽なのにBy your side さよならしても 心だけ置いていくさがしものを見つけた気がした はじめて出会った日あの時から ときめきはずっと胸に残っているのに近すぎて見えない想いが今
どこにいたって みんなこうして 同じ月に照らされてる今はどこか遠くの 君との日々がふと浮かぶよあの日二人で ひとつの自転車 君の肩にしがみついてはしゃぎながら 尖った月から 逃げようとしたよね夜風に包まれ(私たちふたりぼっち)少し恐くて ギュッと抱きしめたサヨナラの他に 伝えたいことがあふれるくらいに あったんだけど悲しくないって 笑ってるふりで 強がってサヨナラの中に 伝えたいことをあふれるくら
Did you know that since yesterdayIve been tryin so hardNot to look into your