息が止まるほど 恋に落ちていくあなたの腕の中 Im falling love with you舞い落ちる雪が二人を包んだ行く場所もないまま im falling love with you体と心 ウラハラその一つを選ぶ世界たった一言に胸が震えてるサヨナラはまだ言わないで息が止まるほど 恋に落ちていくあなたの腕の中 Im falling love with you舞い落ちる雪が二人を包んだ行く場
目の前にいるあなたへたった一つの贈り物どんなにさびしい夜でも i sing for you愛してる 伝えようと今 鼓動は走り出す あなたのもとへthe sun will rise its all for youthe moon will
挨拶代わりに もっと笑いあおうなんだか寂しい 昨日はits overthats the way we start together駆け足 引き返し 大事な忘れ物はNa na na…i want you to be my
Jungolden nightJungolden nightとめられない炎のdancingstep to the right and step to the left呼び覚ませ 僕らの情熱を誰も知らない見たことも聞いたこともないJungoldenはこの胸のどこかに眠っている大地のオーケストラ 稲妻が走る雨音のドラムで今夜君は目を覚ますJungolden nightJungolden nightとめ
I was lonely yesterdayもし誰もが振り返らずに生きていたらバラの色もママの歌声さえも消えてしまうの夢中で走った都会の空にもあなたの思い達が届いてたとは知らずにずっと言えなかった愛していると言い続けてくれたあなたの元へ帰って心から伝えたいありがとう 今帰るよi was lonely yesterdayもし誰もが時間の早さに慣れてしまえば帰り道の五時のチャイムの音も遠い日の歌ドアの
静かに笑った 遠くで手を振る君まつげの上に 少しだけ光るものが見えたあのとき感じたよ これまでの道のりは迷いそうでも遠回りでも間違いじゃなかったと君が教えてくれた言葉が足下を照らしている出会いと別れ それはつでも始まりの場所さ今僕ら 愛とは何か問いかけてみる答えを探す旅に出よう何度も君の名前呼ぶ度に鼓動の音がする両手を広げて君にしたピースサインおどけたようなふりをして本当は泣きたかったあの時繰り返
sunrise…sunrise…sunrise×2人波に埋もれ 泳ぎ疲れてなんとか空見上げ 空気を吸うように誰もが 誰かが 自由になりたいあなたか私か争い迷う全てを解き放つ一途な光その手を放さないで let there be lightoh oh oh...輝いた星に 目がくらんで幼い心で追いかけていくようにそこには 何かが そこには誰かがそれでも心は満たしきれないsunrise…sunrise…sunrise×2
come on come on私を連れて青い青い海を見せて淡い淡い恋にゆれてもう少しだけ lets get on太陽が眩しくて思い出も日焼けする夏買ったばかりのサングラス大きめの麦わら帽子笑いながら私にみせてはしゃいでるドライブしたの海辺まで全部幸せすぎてどうしてなんだろう不安になるから聞こえてくる波の音あなたをもっと好きになっていくcome on come on私を連れて青い青い海を見せて淡い
いつでも帰っておいで あなたは優しい声私の名前呼ぶたび あの海が遠くににじむ会いたいから 会いたいから嘘も涙もかくせないの瞳をとじて あなたを呼ぶ私の心はふるさとに帰る今はまだ帰れないよと振り切った言葉のあと少しだけ笑ってみせた 私はそっと目を押さえた会いたいなら 会いたいならあの島唄を歌いながら瞳をとじて 浮かぶ青空いつかまた帰るだろう あなたの元へ会いたいから 会いたいから嘘も涙もかくせないの
いままでずっと信じてた明日(あす)の青い空にはきっと予報通りの雨が降るあなたに自由をあげたい私の小さな窓変わってゆく景色と同じ涙それでも夜空のためなら昼間も輝く星に手を重ねながらあなたに届けたいこの私の声を目を閉じて 逢えるかな泣きたいぐらい好きが この空 照らすよあたしの心に光り始めた青い星は歌うあなたのあとを追いかける私の小さな影木漏れ日はさびしさにそっと寄り添うとなりにいるはずの昨日に背を向
窓の外を眺めることなどいつの間にかしなくなって大事なこと 忘れていた明日が来る幸せ僕たちは何かを探して見つけ出すために遅く起きた朝でも毎日目を覚ますんだits not too late we say helloちょっとでも笑っていつだってこの世界はあなたが必要だから伝えたい言葉があるのに急かす夕日のせいにして本当のこと言えなかったあなたが好きだよ僕たちは誰かに出会って愛するために今日の夜が長くて
everyday it comes over meand ive been feeling like this for a whilei get
風うたう道 浮かぶあの思い出色褪せた景色にも花の香りせせらぎの音 過ぎる夏のしらべいつまでも心に教えの跡旅立ちの日に 涙は隠してあぁ生きていくと 今歩む私の目に遠い記憶はそのままで幾年過ぎて 辿るあの道のり流れる月日しみる小春日和旅立ちのあと 振り返らぬようにただ生きてきたと 今伝える言葉に遠い記憶はそのままで遠い記憶はそのままで そのままで
when u first asked me to hold my handwhat was i thinkin should have
僕が生まれたこの島の空を僕はどれくらい知ってるんだろう輝く星も 流れる雲も名前を聞かれてもわからないでも誰より 誰よりも知っている悲しい時も 嬉しい時も何度も見上げていたこの空を教科書に書いてある事だけじゃわからない大切な物がきっとここにあるはずさそれが島人ぬ宝僕が生まれたこの島の海を僕はどれくらい知ってるんだろう汚れてくサンゴも 減って行く魚もどうしたらいいのかわからないでも誰より 誰よりも知っ
同じ毎日過ごしてきて同じ景色を夢見ていた初めて出会った日から僕らはベストフレンズその君が町を去ると聞いたどうして僕には言えずにいた?いつもとなり同士 町の景色とベストフレンド「また会える」微笑む君の声がかすかに揺れるこの海になって この空になって思い出してこの星になって この月になって忘れないよベストフレンド僕はあの時冷たく言った「君は昔とすっかり変わった」素直になれないサヨナラの前のラスト・メモ
その声はどこから聞こえてくるの?i love you inside of my heart胸に手をあてて きっと出会えるmiss little voiceそして奇跡は言いました。もしあなたが間違った道を歩いたとしても大丈夫 となりにいつも私のmy love水をあげよう 大きな木にたくさん根をはるようにすべては今に すべてはあなたの鼓動の源からあふれだすひとかけら ひとりきりの涙も 拾い集めたら私の
red, blue, yellow stop, just wait or gomy heart never stops, baby you knowred,