ときめきと風の中で — Kaze

何時もと同じ毎日がまた終わろうとしている
夢を把いていた頃の色違いの毎日が今日は何故か恋しくて
気がつけば君のアドレスを見つめていた
時の流れに逆らうように君に電話をかけてみる
コールが鳴る度に心が揺れ動くよ
思わず電話を切る僕と身勝手なあの頃の僕が

輝いて ときめいて 何時だって微笑んだ
かけがえの無い風に包まれ
何一つ君にしてやれないままで
静かに時は流れていたんだね

何時ものように 暗い部屋のドアを開ける僕は
君が居た頃の明るさを手探りで探している
気付けばバスルームの明かりつけてアルバムを開いていた
あの頃の僕達は今の僕に何を語りかけるの
小さな勇気さえ持てない今の僕に
裸の心だけが 今日も震え続けているよ

輝いて ときめいて 何時だって微笑んだ
かけがえの無い風に包まれ
何一つ君にしてやれないままで
静かに時は流れていたんだね

そっとアルバムを閉じる
まるでみせかけの自分に戻るように
そんな僕の姿を消すように
電話のコールが鳴り響く
ときめきと一緒に

かけがえの無い君が今そこに居るから