明日の景色 — Kalafina

哀しい景色がいつも一番奇麗に
心の深くに残るのはどうして
躊躇う月影まだ沈みきれずに
夜の中に二人を閉じ込めていた

さようなら
今まで言葉に出来なくて
何度も貴方を傷つけたけれど
ここから一人で帰れる道だから
月の明るいうちに指を離して

夜明けに怯えてる頼りない未来を
眩しさと涙で迎えよう

一人で生まれて一人で生きられずに
二人に戸惑って泣くのはどうして
慰めたいとか 抱きしめていたいとか
奇麗なだけの心で生きて行けなくて

何度も振り向きながら
開く戻れない扉
明日へ続いてる最後の標

冬から春へ風が吹いて
やがて花が薫るように
繰り返す日々の中いつも
心よ咲き誇れ

押し寄せる黎明
月はもう見えない
ここから始めよう
今日と明日

さようなら
見送る影がやがて白く
優しい時の中へ消えて行くまで…