Voices — HIMEKA

ひとつめの言葉は夢
眠りの中から
胸の奥の暗闇を
そっと連れ出すの

ふたつめの言葉は風
行くてをおしえて
神様の腕の中へ
翼をあおるの

とけていった悲しいことを
かぞえるように
金色のりんごか
またひとつ落ちる

見たこともない風景
そこが帰る場所
たったひとつのいのちに
たどりつく場所

古い魔法の本
月のしずく夜のとばり
いつか逢える予感だけ

We can fly
We have wings
We can touch floating dreams
Call me from so far
Through the wind
In the light

みっつめの言葉は hum…
耳をすましたら
あなたのふるえる腕を
そっとときはなつ