laotour ~震える拳が掴むもの~ — GLAY

避けては通れない道の上 オマエはいつも乾いてたな
心が焦げる匂いを憶えている
一番自分を信じた者が栄光の階段昇れるとつぶやいた

暗い廊下で微笑んでいる 英雄(ヒーロー)達は写真の中
誰にも言えぬ孤独と向き合って来た
震えるコブシに口づけして宙に舞う残像(シャドー)残しては
控え室を静かに後にした

OH 二度とは無い OH 俺達の夏
激しい打ち合いの中で見た オマエの悲しみに
OH 二度とは無い OH 一瞬の夏
何度も倒れては立ち上がる命の輝きにGOOD LUCK

右手に許しを左手に裁きをもつれた足下そこには自分が眠っている

OH 逃げ場の無い OH リングの中で
出口を求めては叫んでた いつでも泣いていた
OH 走れ走れ OH 誰も独りだ
「どれだけ生きたかに価値はなくどう生きたか」なんだと

OH 二度とは無い OH 俺達の夏
勝負の世界で優しすぎた オマエの苦しみに
OH 人気のない OH 路地裏の隅
「この次に生まれて来た時には人など殴りたくない」と苦笑(わら)った