Farewell — GACKT

渇いた心に舞い落ちた銀色の三日月は
月明かりのないこの夜に「一人でも歩いてゆける」と
アナタがくれたこの言葉に優しさと温もりを添えて
うつむく泣き顔の僕に微笑みを取り戻させる

悲しいときには瞳を閉じれば
僕の側にはアナタがいるから

涙は見せないと別れを告げて
いつも優しく微笑んでくれてた
その温もりは忘れないから

涙を流しても笑っているから
たとえこの先に道がなくても
この翼を広げてみせる

降り出した月の雫に消えてゆく大きな背中は
歩き続けることの意味をもう一度教えてくれる

振り返らずに歩いてゆけるさ
いつも側にはアナタがいるから

涙がもう二度とこぼれぬように
戻りはしないと決めたことだから
あの日に交わした約束だから

涙を浮かべてもこの雨が消してくれる
もし、もう一度出逢えた時には
アナタを超えたと伝えたいから