鮮やかなもの — Every Little Thing

優柔不断の君がようやく決めた事だから
きっと
いっぱい悩んだのだろう
いっぱい考えたのだろう
ねぇ、そうでしょ?

「好きな人が出来たんだ」
泣くのをこらえる君の顔さえ見れやしない
突然、ポカリと空いてしまったこの胸の中に
春の風が通り過ぎた

君の笑顔 君のしぐさ 君の言葉のすべて
僕のためだけにあると信じていたから
こんな風な終わり方じゃいたたまれやしないけど
それ以上に僕は君のことが好きだからこそ
笑って手を振るよ 君が悲しまないように

あれから何年か経って月日に心癒されて
ほら
意外とうまくやってる
意外と楽しくやってるけど

こんな
うららかな春の日には君の体温(ぬくもり)思い出して切なくなる
だけど、夢から覚めても君が隣に居るわけないし、
僕は僕のままで…

今になって思い出せば あの頃の僕達が
過ごした時間は決して無駄ではなかった
そして僕は君と同じこの青空を眺め
これからも歩いてゆけると思うよ 限りない
その 鮮やかなもの この胸に抱いて ずっと