影踏み ~afterglow~ — ELEKITER ROUNDφ

背の高い入道雲白く 真っ青で全て飲み込む大空
灼熱の太陽に照らされ 僕らの影は入り乱れる

僕は絶対捕まらない どんなところにでも逃げていく
全力で走り続け塀を越えてジャンプ 勝負の分かれ目は直角カーブ

可能性という言葉を信じて自分の力を高めて
僕の全てをぶつけて
泥にまみれて息を切らしてボロボロの姿で生き残る
そんときの夕日は 格別なんだ

僕らの声と蝉時雨 天高く突き抜けてゆく大空
みんなの影は逃げてゆき 鬼の僕は一人ずつ追う

もう走り出した止まらない ひとりふたりさんにん 次は誰だ
目の前には恋するあの子の影 嘘だろ 才能と恋の狭間揺れる僕

踵を返して遠くのアイツに再び狙いを定めて
あの子の影以外なら
初めて負けを味わったこの日のすがすがしい夕日も
何故だか格別だ 最高

陰口叩いて引きずり下ろして他人に時間を割くより
明日の自分信じろ
腕を磨いて勝負した心僕は影踏みを忘れない
胸張れる心晴れる きっと
焼き付いたあの夕日は 最高
それはホント格別だぜ