G.O.O.D.F.E.E.L.I.N.G. — Drops

路地 曲がる その手前あたり
かみ砕いた チョコレイト
真っ赤な目じり 月のまばたき

マイナス夜の 静けささえ
予感のなかに ふるえる
目ざめたとき 絨毯 ひろがる

頭の中で 色を垂らして
けむりの中で 靴をならせば

浴びるように こわすように
渦の中 とびこむんだ
合図はいま 一度きり
続きは君のものさ
G.O.O.D.F.E.E.L.I.N.G.

連なるビンの山脈地帯
紙きれでできた部屋を越えて
つまりは欲望 それだけが 光ってる

浴びるように こわすように
渦の中 とびこむんだ
合図はいま 一度きり
つかまえたら わかるよ

顔も 名前も 帰り道も 忘れたよ
果てなく あたらしい
続きは君のものさ
G.O.O.D.F.E.E.L.I.N.G.