誰も知らない — Drops

居眠りしてる間に なんだか 世間は遠く
ココアの缶 飲んだっけな 口の中 甘かった

どこで線を引いたろう 考えたくないね でも
笑ったあと さみしいのは
何もないからだろうか
だからさ

遊びにゆこう 白くとがった 木々の森を抜けて
夜の両手 幕をひろげ
ちりばめた 電飾の星くずになるのさ

壁にもたれ もう 一日過ぎてゆくよ
捨ててしまうのは こんなにも 簡単なのかい
だからもう

遊びにゆこう 羊の毛のマフラー 顔をうずめて
ダイヤモンド 粉々になって 眠る街
どこかにあるかも なんてね

ああ 目をつぶって
流れてゆくのを 感じる
自由も永遠も なくていい
でも 光を見たいよ
今からさ

遊びにゆこう 銀色に凍る ビルの森を抜けて
恋は燃えて 誰も知らない 知るはずない
電飾の星くずになるのさ