十二月 — Drops

息を吸えば 肺が凍りそう
透き通るガラスの にぎやかな街
頭のなかに ささくれた優しい
ハーモニカ聞こえて 道路をわたるよ

覚えているわ 写真にはうつらない
かけおりた階段 西陽のカレーライス
あのとき 何を話したんだろうね
今はきっと誰にも わからないでしょう

テレパシーはもう たしかめるすべも消えてしまった

ねぇ どうして 変わってゆくの?
どれだけ考えても わからないの
もうぎゅっと抱きしめても
すり抜けてゆく 十二月

夜を横切る 急行は雨
流れてく点線 降りてゆく人
あのとき 書いた 歌だけが なぜかしら
あざやかで うつむいて しまうのです

そうねきっと 私はあなたで あなたは私だったね

ねぇ どうして 変わってゆくの?
少しだけ笑って 手をはなした
もうきっとかえらないと
言えないけれど わかっていたの

きらめく街の流れ
そのどこかでそっと 立ちどまっても
どうしようもなく すべては
過ぎ去ってゆく 十二月