虹 — Dew

昨日降った雨のせい
落ち葉も乾かない
立てた襟もだらしなく折れて
気にするわけもない

通りなれた道路の脇道を
朝霧を抜けて走る
誰も追わず 競うわけでもなく
自由に私は走ってる
緊張のないこの朝の時間
日の出る少し前

今朝 虹を見たよ
そんなこと 知ってるのは私だけ
なんか得したような朝の時間
素直な笑顔で迎えよう 今日という日を

目指す先は浜辺の小道
少し荒れた海が見える
踏み込んだ芝生に感じる静けさ
足の疲れを癒す

潮風が波をすべるように
私の背中を押した
このまま遠くへ飛んでゆけば
あの虹に届くかな
緊張のないこの朝の時間
日の出る少し前

今朝 虹を見たよ
そんなこと 知ってるのは私だけ
なんか得したような朝の時間
素直な笑顔で迎えよう 今日という日を

こんな風に日々を愛せたら
どこまでもゆける気がした
自分だけのリズムで走り出す
日の出る少し前

今朝 虹を見たよ
そんなこと 知ってるのは私だけ
なんか得したような朝の時間
素直な笑顔で迎えよう 今日という日を

日の出る少し前