KENTA — DAMIJAW

ベッドに残る
気怠い跡は
覚えていない…
やっちまった俺…

いつものように
バーボン飲んで
“俺様”になって
憂鬱な朝だ

夢なら覚めてくれ!
毛布にくるまった
昨日の残り香に
記憶がよみがえる

一夜の恋は
数えきれない
酔えば酔うほど
人恋しくて

お前の温もりに癒されてはいるけど

KENTA「酒が無きゃ誰がお前と!」
女「何よ!?アンタだってAREがAREのくせに!!」

これで最期と頭に深く刻んでも
今夜もまた 溺れてゆく

夢なら覚めてくれ!
ベタに頬をつねる
自己嫌悪に吐き気

もう こんな日々は終わりにしよう…
今すぐ…

街の灯りは俺の理性を奪ってく
今夜もまた 見知らぬハニー

夢なら覚めてくれ!
毛布にくるまった
昨日の残り香に
記憶がよみがえる

夢なら覚めてくれ!
ベタに頬をつねる
勝手な俺だけど

もう こんな日々は終わりにしよう!
今すぐ 部屋飛び出して
新しい朝を感じよう!