BIRTHDAY ~ダミ嬢の憂鬱~ — DAMIJAW

眠っているような 呼吸の無い白い肌
そっと触れてみると まだ少し温かい

首筋に残る傷跡は 愛しい証さ
目覚めた君は新しい私の僕

赤い月夜に照らされた君は
私に永遠の愛を誓う
逃れられない 君は渇きから
私だけが癒せるのさ

窓に映る君の瞳はなぜ 潤んでる
喜びの涙か 私に選ばれしもの

君はもう永遠に美しい 汚れることなく
このまま 私の世界で生き続けてく

赤い月夜に照らされた君は
獲物に牙を突き立てる
逃れられない 新たな世界は
君を魅了してやまない

ダミ嬢「絶望なら この手にある
全ては生きる意味
あぁ 深い闇に抱かれ眠ったときから…」

赤い月夜に照らされた 君は
私に永遠の愛を誓う
逃れられない 君は渇きから
涙が頬を伝う

赤い瞳にくちづけを捧げ
君に永遠の愛を誓う
逃れられない 新たな世界は
君を魅了してやまない