Can you hear the voice of lifeEvry moment on your sideDo you hear the
自分に嘘つくたび何かを失ってく気づいていたけれど素直になれなくてあきらめきれずに もがき続けた季節の終わりにあなたに会えたのLovin you...「愛してる」がLovin you...聞きたいLovin you...Im lovin youLovin you...向かい風もふたりでいれば何もこわくないよいくつもの想い出にいつも支えられてる泣き明かした夜さえ今になればいとしい笑えるくら
I want you to stay so hold me tight 私を照らしてるWe gotta keep on trying
Sometimes life gives us a losing handAnd we have no choice but to playCause
軽く lets play the game まず 1 rule dont talk about 今夜のこと噂 I know 確かめたい どの程度の
everyone calls her Victoria彼女の正体に注意しなって 相当にヤバい 逃げられない(shes about to change the rules)office で有能な workaholic 5時過ぎ本能は dangerousevery man says
トンネル抜けて 海が見えたらボリュームを上げて 風を感じて信号待ちの 君と目が合うI can never say goodbyeなんだか怖くて 夕陽のように 消えちゃいそうでI can never say goodbye… I can never say goodbye君との
Sadness had been close as my next of kinThen Happy came one day, chased
大好きなフレーバー レインボーシャーベット空がこの色に染まると 思い出すあの日々the year was 1992 重たいリュックでママに怒られないように急いで、帰ろう風に光る芝生の匂い君と手つないで 走り続けた今見上げるこの空のどこかであの頃のように君も笑顔かなさよなら交わしたけど Ill see you laterそれまで「元気でね」今はもうない あの木からぶら下がる大きなタイヤ高く高く飛ん
大切なことを 忘れないために愛のメロディーとリズム刻みながら奏でるよハーモニー 失わないようにそれでも世界は 時を刻むなら前にもこんな日が あったような気がして落ち着かないキミと ふたりきりのworldああ 触れそうな距離 あと少しの隙間もう ほら すぐ ゼロになる肩を掴んで 包み込んで ねぇ目を閉じて 永遠の記憶になる大切なことを
いつも笑ってるわけじゃない 全部スムーズにきてなんかない恋におちてる場合じゃない 何もかもがめんどくさい時間だけが過ぎてく 迷う焦る絡まるなんかうまく生きられない 答えはないの誰のためでもなく自分のためにOver and over...again今は Im calling for an S.O.S暗闇の中で 叫んでる my
左胸の傷が疼き出すFriday Night右の手招き断りきれない割とイチズなオトメらしさ失ってしまったのはあの日からかしらYou&Me&Another まるでチープなドラマ繰り広げるの 掌の中それでもアナタはカチを気取るのマケと見せかけて手玉にとるのよAh Ah Ah 踊ってよもっとAh Ah Ah 廻ってよもっとAh Ah Ah ハシャイでよもっとあなたこそ わたしのPrivate
どんな話だって 何も言わないでいて聞いてくれるただうなずいて 友達だから支えるのは当然少し照れくさい だけど あなたに伝えたい、ありがとういつもの事でしょ? 強がらないで話してみてよこうやって2人で いつだって Talkin all dayTheres no oneずっとこのままで いられたらいいねTheres no oneいつも終わりのない笑顔でいたいWe girls そうふたり揃えば止ま
早く君に会いたくて夜は思う以上長く毎日がその繰り返し幸せすぎたかなあのころ出会えた奇跡何よりも 輝きだったの君の心 近づけた時間は in my heart君の笑顔見た瞬間モノクロの心溶けたの人の深い温もりとか涙の意味教えてくれたね出会えた奇跡少しだけ 大人になったの愛する人の ためならさよならさえも...愛しい思いは変わらずにIll go my way出会えた奇跡何よりも 輝きだったの君の心 近
あれから一体 何年経った 振り返るのは嫌いなのによく似たタイプを 見たりすると 考えちゃうのよ あなたの事恋も何度か したけれど 何かが 違っていたお揃いにしてたクロスまだ持ってる お守りなの本当に愛していた ずっと離れずいたね 数え切れないキス思い出がせつないよ In the after love仕事にレッスン フルにブッキング 空いたスペースを無理に埋める一人暮らしを始めてから ママの苦労も少
As we go thru life, love is the greatest gift of allBut sometimes it
夕焼けが街を染めてひとり歩く帰り道なつかしい風が吹き君のこと 思い出してる逢いたくて 逢えないままで時だけが 過ぎていくのきらきら光る ふたつ星よゆらゆら 遠く 導いてゆく君も 同じ空を見上げ私のことを 思うでしょうか...ゆるやかな この道は君のもとへ 行くのかないつだって 君の隣りにいたいと ただ 祈ってた逢いたくて 逢えないままで夢だけが 消えていくのきらきら光る ふたつ星よはらはら 涙 こ
Partyを 抜け出して uh 風を探した月明かり 映し出す uh ひとり夜を見てる君は誰?oh yeah baby そう同じね 挨拶は苦手なのこのまま 少しだけ 見つめて 感じたいGood Times oh yeah ふたりで uh 月の光 浴びてGood Times oh
Everyday 朝目が覚めるたびにEmptiness 何か足りてないそんな日々を過ごしながら何かを持っていたのこんなもんなんだろうって思ってたでも君に会えてから気が付いたEverybody needs somebody to hold on toこんなにも会いたい気持ちが目が合う度 高鳴るheartbeat加速して行く baby can you help me out?止められないよ 息も出来な
私はいつでもあなたとキスをする時は私の心は急に熱くなってゆくあなたの声で、溶けてゆく溶けてゆく (止められない気持ち)触れられたなら溢れ出す溢れ出す愛しい人、愛しい人、愛しい人抱きしめていたいたとえば私があなたを描こうとしたら例える色が足りない、美しすぎるからあなたの瞳。。。落ちてゆく、落ちてゆくあなたのすべて。。。愛してる、愛してる愛しい人、愛しい人、愛しい人抱きしめていたいIm flying
春の空に舞う やさしく響く歌は次の扉ひらく 時期を教えているの?そっと瞳閉じ 季節を数えてみる蘇っていく 色を重ねてこの手すり抜けてく想い出抱きしめて繋いだ君との手もいつかは忘れゆくのかな?「さよなら」舞い散る花びら隠れても未来は笑っているから君と寄り添いずっと 移ろう景色見てた涙も笑顔も夢もそのまま時間に流されても忘れずにいたいよ広げた地図の先にまだ見ぬ絵を描いていた「さよなら」は言わないでいよ
少しずつ長くなっていく影を追い掛けまわして遊んだ今でも覚えてるよ もどらない日々を君が言ったあの時の言葉も今ならすこし分かるかもでもすこし幼すぎてだから今つたえたくてSo as time goes by時はめぐってくそう気付かないうちにWhy has the people come and gone?笑った数をカウントしたMy memories動き出した未来は 果てしなく...影が消えて夜になった
uh i like it yeah i like ituh you like it i know you
どんな約束なら I tried and criedあなたは守れたの? good-bye your liesすべては終わったことそうよ You are history確かに触れ合った alone too long永遠祈ってた
「じゃあね」ってあの夜 小さくキスしたこれが最後だと わかってた kiss dont lie胸が苦しいよ いつから消えたの? feel the same風になびく髪 涙隠してsave my love離れてゆく キミの呼ぶ声 吐息Just dont let me goQuiero Te quiero 震えるこのココロそっと 涙の向こうへ歩き出せBaby,
What to do? What to do?この先に続いてる winding roadLeft or right? Right or left?どの道を選んだら wont be long眠れずに wake
友だちとはしゃぐ君を風よ どうか連れてかないでah 時の彼方へ陽炎の中 未来はまだ見えないおとなになる私たちはどこへ行くのだろうYou are the oneかけがえない友だちでそれ以上の存在で前を向く力をそっとくれる君が好きだよけして変わらぬ気持ちで嘘のないこの心でただ伝えたい ありがとう my oneあたりまえに会える明日そんな日々を旅立ってゆくah 夢の彼方へ運命なんて言葉はまだ知らないこん
やさしい人達の然りげない誘いを×と大きく腕で書いた 少し笑った心に穴が空くってこと わかった気がした妙にぴったりで また 少し笑ったすき――――――帰り道のことは 何も覚えてなかったドアを開けたままで バスタブにうずくまった甘い愛の歌ばかりが FMから聴こえるちょっと失敗つぶやいて また 笑ったすき――――――抱いた膝に 次々にこぼれるしずくそっか 私ずっと 泣きたかったんだすき すき
No wonder that I thought that they were going out of styleI just had
we gotta bounce tonightwe gotta have a good timeIm gotta make you キラキラ lets party