暮れ色のキャンバス — ChouCho

夕暮れ色午後7時 思い出すのはあの場所
いつも遠回りをして 送ってくれた帰り道

ゆっくりと歩いていた 少しの時間だって惜しくて
階段上り振り返った先には
何もかも染め上げる夕焼け空

オレンジ色と紫が 混ざって溶ける空のキャンバス
息を飲むほどに美しく 頼りない儚さで描かれてた
その景色に二人照らされて 生まれた名前の無い色彩
途切れることなく続くって
あの頃のわたしたち信じてたね 疑いもせず

眠れぬ夜午前4時 思い出すのはあの声
違う生活が始まり 新しさに心奪われ

誰よりも近くにいた あなたのことが見えなくなって
わたしをそっと包み込んでくれてた
温かさ自分から手放したよ

オレンジ色と紫が 交差する夜明けのキャンバス
息を飲むほどに美しく 迷いない確かさで描かれてた
あの日途切れた二人の道を 並んでもう一度歩き出そう
今ならわかるよ 本当に大切な人はそう あなただけ
まだ間に合うよね