outdoors — cero

誰もいない雨の草原で
透明なテントを張って 煙草を吸う

裏切られた約束は 風に乗った
「次はどの星に行くの」

透明な
テントのなか
サウンドスケープする
さよならの汽笛

街のはずれ ランプを燈す奴ら
黒いしぶきに ぼく浸されたいんだ

誰かを懐かしむほども生きていないのに
少しづつ身体は 死んでく

黒い空気
ひやりとした膜
燃やされるのを
期待してみる

透明な
テントのなか
サウンドスケープする
さよならの汽笛