弾き語り達へ −ラウンジ美樹にて− — BORO

最終電車に乗り遅れたよ
一人たたずむ 午前零時のプラットフォーム
歩きはじめた 街灯の下
かれた男の影をひきずりながら

燃え尽きるまで唄う事が
夢だなんて言ってた
気がつけば青春は 季節の流れに色腿せたよう

そうさあれはまだ若かった頃
夢にうかされギターかかえて あの街出たよ
愛してくれたあの人も捨て
これがすべてと 唄い続けたけれど
年老い過ぎた道化師に 似てるなんて言われて
気がつけばこの街は いつでも冷たい風の季節

今日はなぜかさみしくないし 涙もでない
憧れすぎたこの生き方に さよならできそうさ

今日もどこかの色街あたりでは グラス眺めて
ギターつま弾く 道化師達が
かけがえのない 時の中で
酒にひたって 夢を見る