重なり — back number

ひとつため息をついてあなたは
投げ掛けられた疑問の答え合わせを始めた
最初の一言で気付けた
何も知らないのは僕だけ

抱きしめてよ そうすればほら
誰も憎まずに暮らせるから

朝まで笑って重なり合って繋いだその手が
まだ心の片隅で繋がってるなら
分からなくなって傷付け合って流した涙が
教えてくれた事を覚えてるなら

深い海の底に沈んだ潜水艦の中で息をするように
最後は残された空気を分け合いながら消えて行こう

抱きしめてよ そうすればほら
君が望む僕に戻れるかも

今更もがいて確かめたって離れたその手は
もう知らない誰かと繋がってるから
分からないよって傷つけたって流れる涙は
もう何の意味も無い 分かってるけど

でも でも分からないよ
分かりたくもないよ
それでも 今でも

抱きしめてよ そうすればほら
あの頃の二人に戻れるかも

朝まで笑って重なり合って繋いだその手が
まだ心の片隅で繋がってるなら
解らなくなって傷付け合って流した涙が
教えてくれた事を覚えてるなら

選んでよ 僕を