果て無きモノローグ — angela

まぼろし 移りゆく季節
思い出す幼き日
戻れる場所が在ることを
あたり前のように思っていた

無邪気な瞳の奥から
深い闇が導く
苦しむ為にうまれたの?
人はみな孤独抱える

時に過去は 重き足かせ
「今以上」を望めなくするけど
動き始めた歯車を 止めることは出来ない

ためらい どれくらい 僕を試しますか?
小さく輝いてた 夢遥か
「戻りたい場所があれば戦える」と
呟いた声は 誰かに届くだろうか

疲れたこの身体だけが
今の僕を語る
眠りに落ちて行くように
生まれ変わる時を待つように

駆け抜けた大地の草の匂いと
緋色に染まってゆく あの空を
戻れない場所と知っていながら僕は
夢見ていたんだ 果て無きモノローグ

ためらい どれくらい 僕を試しますか?
小さく輝いてた 夢遥か
「戻りたい場所があれば戦える」と
呟いた声は 誰かに届くだろうか