笑って — 黒瀬真奈美

雨が音も立てず 草むらを駆けてゆく
自分の為に生きるのは 難しいと気づいた

なぜだろう?
なくしたときの 悲しみを
差し引きながら それでも待っている
すべて 抱きしめて 愛と呼べる日を

笑って 心かすめる時も
涙だけが 支えになる時も
笑って 意味はいらないから
そっと 伝う それだけでいい

雨はどんな屋根も 平等に濡らしていく
世界は変わり続けている 夜になり朝になり

なぜだろう?
間違えることで 時には
強くなったり 寄り添い合ってたり
すべて 抱きしめて 私も変わろう

笑って 心乱れる時も
言葉だけじゃ 伝わらない時も
笑って 何も出来なくても
ほんの 少し
笑って 心かすめる時も
涙だけが 支えになる時も
笑って 意味はいらないから
きっと 届く それだけでいい

笑って 心乱れる時も
言葉だけじゃ 伝わらない時も
笑って 何も出来なくても
ほんの 少し
笑って 心かすめる時も
涙だけが 支えになる時も
笑って 意味はいらないから
きっと 届く それだけでいい