夜に太陽 — 鶴

月のひかりは悲しいね
何かを照らすには儚くて
月のひかりは寂しいね
あなたに届くには切なくて

見つめ続けるにはあまりに
まぶしすぎる太陽
ずっと焦がれている

月がどんなに形を変えても
太陽は振り向かないなら
あなたがいなけりゃ輝けない
なんて哀れな定めだろう

月はそれでも夜を照らすよ
あなたのいない夜にだけ
あぁ 頼りないひかりで僕の
ぼやけた影が伸びた

月のひかりは優しいね
全てを照らすには弱すぎて

あなたを待っている
朝を連れて来てしまうあなたを
夜の間ずっと

月は今夜も形を変えるよ
夜と朝の境目だけ
あなたの光で消えるまでは
あなたの側にいられるから

月は静かに夜を照らすよ
そっと心を包むから
あぁ 情けないひかりの雫が
ぼやけた影に落ちた

月がどんなに形を変えても
太陽は振り向かないなら
あなたがいなけりゃ輝けない
なんて哀れな定めだろう

月はそれでも夜を照らすよ
あなたが振り向くときまで
叶わぬ願いと分かっている
いつかは 夜に太陽
いつかは 夜に太陽