BLUE BALANCE — 高橋克典

なぜ抱きしめてるのに
なぜこんなに悲しい
奪えない孤独から
君をどうすればいい

欲しがるほど遠のく
ふたりの答え
ためいきが
幸せをせがむ

ほどけた腕に残る
君の熱さに
迷いこむ
夜を君は知らない

愛だけ口にしても 愛にならない
じれてる 心がくやしいのさ

なぜ抱きしめてるのに
なぜこんなに悲しい
もしこわれるものなら
こわしてしまおうか

いま殺したいくらい
この俺がやましいよ
奪えない孤独から
君をどうすればいい

このまま眠ったって
目覚めたときに
あてのない一日に気づく

綺麗な目に映った
夢のつづきは
その胸を
きっと傷つけはじめる

涙に終わるような 予感にふるえ
どこまで 君は耐えるのだろう

なぜ抱きしめてるのに
なぜこんなに悲しい
しずかなほほえみまで
残酷すぎるのさ

いま殺したいくらい
やさしさがやましいよ
奪えない孤独から
君をどうすればいい

なぜ抱きしめてるのに
なぜこんなに悲しい
しずかなほほえみまで
残酷すぎるのさ

いま殺したいくらい
やさしさがやましいよ
奪えない孤独から
君をどうすればいい