言葉 — 青木隆治

この世界で巡り逢えたこと
奇跡じゃないから
少しでも明かりが灯せるなら
君だけに言葉捧げるよ

届けたい
愛する君の心のポストに
言葉を届けたい

捧げたい
失う前にこの胸に溢れている
すべてを捧げたい

恥ずかしさとか
強がりはいらない
小さなプライドなんて脱ぎ捨てるから

この世界で巡り逢えたこと
奇跡じゃないから
「ごめんね」だとか「ありがとう」とか
今 君に積み重ねるよ

例え僕ら離れたとしても
絆は消えない
少しでも明かりが灯せるなら
君だけに言葉捧げるよ

信じたい
嫌気がさすほど汚れきった世の中で
君だけ信じたい

何度傷つけて
それでも優しくって
綺麗な色をした愛をくれるから

流れる時間が愛しいのは
君のせいだから
「大丈夫」だとか「頑張れ」とか
今 この胸に突き刺すよ

笑い声も泣き叫ぶ声も
忘れはしないよ
生まれ変わってもまた逢いたいから
言わないよ「さようなら」なんて

この世界で巡り逢えたこと
奇跡じゃないから
「ごめんね」だとか「ありがとう」とか
今 君に積み重ねるよ

例え僕ら離れたとしても
絆は消えない
少しでも明かりが灯せるなら
君だけに言葉捧げるよ

大切な君に捧げるよ