絶想 — 関智一

焼いた岩絵具で 描いた 鷲の爪が
色を変えはじめている わずかでも

己を責め立てれば
もの憂い風に煽られ
寒々しい虚しさに飼われてしまう

信じて 漣もたてずに
流れてきたこの生
比類なき輝きに あふれていた
誠が崩れていく音に
波立ち
残されているこの静寂が
無心に岫を離れそうな気配

石のように硬い 哀しみが透けてる
ここから見えるすべてが 嘆いてる

しなやかな踊り手は 幾面も面を手に
使いわけて 舞うのだが
もう舞えなくなる

静かに控えめな群雲
兆し始めている
胸深く 眠らせておいたのに
眼を射る狐雨に濡れた
今日最後の陽射しは
鷲の翼のしたのすべてを
肯なうというのか

静かに控えめな群雲
兆し始めている
胸深く 眠らせておいたのに
眼を射る狐雨に濡れた
今日最後の陽射しは
鷲の翼のしたのすべてを
肯なうというのか