君をもっっと 好きをもっっと ほんのちょっと 声が聞きたい……フルーツコーンフレークふやかしながら寝癖の頭で考えた踏み切り手前で君は急に耳をふさいで立ち止まったけど聞いて……君をもっっと! 胸にグッと キスをもっっと 上げたいのなんか少し切なくなるよ本当はね好きをもっっと! 胸にグッと だからもっっと! 元気を出してその笑顔だけでクラクラ熱がでちゃう幸せの温度が上昇改札北口くぐったとこで突然会いた
ああ 今 扉が閉まる無邪気な 妖精たちはどこに消えたの?ハートの破片(かけら)探しにふわふわ 空の手がやさしく 撫でてくれるドアを開けて 君を連れて踊る涙 遊ぶ夢悲しみも 喜びもすべてが 愛しい花園に遊ぶ子供のように微笑んでいるの Ah Ah
何だか元気ないみたい 今日はどうしたの?ちょっぴり強がってるけど 無理しなくていいよどうにもうまくいかなくて 焦る日もあるよ心配なんていらないわ 君なら大丈夫夢見てた あの頃の まっすぐな気持ち 思い出してもう一度 ねえ 信じてみて 君の願い 絶対に叶うからきっとできる もっとやれる そうよ 本領発揮してだっていつも ずっと君は 精一杯 頑張ってきたきっとできる もっとやれる どんな風も 吹き飛ば
今までの想い出を言葉で描こうとして目を閉じた瞼の奥に映るキミの笑顔きっと言葉じゃ足りないって分かってるけどどうしても伝えたい不器用なままでいいからIll sing for youありがとう音に乗せココロ繋ぐよこの歌がキミに届くようにこれから先も一緒に歩こうどうぞよろしくねHAPPY&LUCKY迎えるアニバーサリーキミといたいんだdo you remember?始まりの音が聞こえた瞬間をアンサンブ
恋は各駅停車で あせらないで 自分のペースで Final destination(Last stop!...)急行列車の待ち合わせホームのわたしは風に飛ばされそうイヤイヤ弱気な心は分別してちゃんとくずかごへ「とんでもない所を目指すには 小さなことの積み重ねだ」って中吊りで見つけた 言葉恋は各駅停車で ひと駅ずつ募る想い重ね 必ず たどり着けるよ各駅停車で 焦らないで 自分のペースで Final destination
どうしたの? 間に合わないよ心の奥で 夢が 息苦しい無理矢理に 押し込めていたいつか止まった 時が疼きだした誰も 君のカワリになれないなにしてるの? 君を待ってるよ胸の中の 夢いろ花・さくらキズつくこと もう怖がらない逃げないよ君色の花びら 舞い上がるいま出会えたこと 運命なら 迷わない昨日まで 気付かなかった名も無い花は自由でいられるのきっとずっと なにか探してた大丈夫だよ わたしここにいる黒い
永き眠りから覚めた扉(ゲート)が開いてふいに見慣れた世界が さかさまに沈んだThis (Ah) Time...So long long with You ずっと 続いてゆくDistance...未来が近すぎて『現実(いま)が消えてしまいそう…』どうしてかなんて今はどうでもいい 悲しい顔は見たくないのただ 笑顔の時間(とき)が一番 長く続くように 運命も変えて―あの闇をすり抜けて 忍び寄る鬼(かげ)
暖かい夕焼けに包まれ自転車の練習をする二人乗れる今では 思い出せない不安だった あの気持ち手を離したのに 気づかないままで結構、走れたけれど痛みを知らない 勢いだけじゃどこまでも 行くことは できないんだろう僕はもう こんな遠くまできたよheavenly days again光を求めてheavenly days again約束はなくても 信じよう自分が味方じゃなきゃ なにもはじまらないfor my
今夜はフィーバーでキメて Yeah~☆(Fu Fu…Cherry Blossom…)いい子でいるのに疲れた ボクちゃんさあ、いらっしゃいルールはルールで置いといて、今は踊りましょーとろけるビートに夢中なハードでいつも新しい乾電池!内緒はミュートで恋ならハートでがっちりつかんで離さな~い!花吹雪乱れ飛ぶ 年中お祭りSAKURA☆FEVER さあ踊りましょSAKURA☆FEVER 恥ずかしがらないでSAKURA
あの頃の あなたはまだあても無く 1人で歩いてた辛い事を すこし乗り越えてあなたは今 強くなったまたいちから はじめましょう今日と言う日を スタートにして無駄な事は 何も無いと手を取り合った いつかの坂道沢山の 出会いと分かれ平らでは 無かった道のりも過ぎてみれば みんなつながったまだ見ぬ明日へ 進む希望またいちから 歩き出そう今日と言う日を スタートにしてあなたはもう 一人じゃないもう戻らない 
花ふぶきの中 出会った時から物語は、はじまった忙しい日々に 追い立てられても笑顔忘れずここまで来れたの「それはね……」あなたがそばに いてくれるから いつもペンの文字が涙でにじむ夜もさくら(さくら) ひらり(ひらり) 舞い降りた夢をわたしはきっと忘れないさくら(さくら) ひかり(ひかり) あなたのきらめき心にずっと 焼き付けてねえ(ねえ)…これは恋なの?振り向いたらほら こんな遠くまで一緒に歩いて
あの夏の陽射しへと 想い 駆けてゆくそれは焼き増しじゃない マーブルな旋律お互いを知るほどに 増えてく「初めて」ずっとずっと忘れないよ私が私でいられる居場所あなたに見つけて 涙がこぼれたこの先に何が起こったとしても二人なら乗り越えて行ける不確かな日々に色付く願いが鮮やかに道を照らしてくひまわり畑 花火 喧嘩もしたよね素直じゃなくてごめん 胸を焦がす「好き」未来レンズの向こう 同じだといいなステレオ
do you wanna sing love chant? yeah!!chant! chant! chant!なんとな~く一緒で 頼りにもなりますどっちもね ポイント高しマメなひと好き 0時ちょうどバースデーメールなんてコトしちゃうのねちゃんと 受付てますからちゃんと アンテナも立ってるもうちょっと 問い合わせてみてもいいですか?言わなきゃわかんない わかってるけど…聞きたい キミの声で やさし
数えきれない傷跡を抱きしめやっとここまで来たんだ想い出すたび 潤む心の奥君だけに伝えたいよ光の中で孤独を感じたあの日今ならわかる強がる事で 理想ばかりを探していただから3.2.1君らしく私らしく現実を生きてゆっくり幸せになろう そしてずっとかけがえのない この出逢いを誇れる二人でいよう涙に流されないようにね君の夢とか価値観や美学に寄り添えない時もあるし憧れだった景色の中に在る自分にさえ戸惑ったりそ
全てのものを愛し心つなぎ迷わぬ様に微笑むからずっと輝いて bloom my world繰り返す季節 “おんなじ”じゃないよね満開の花も やがて風に舞うね悲しい季節や 嬉しい季節のなか何度でも永遠に 花を咲かせるだからあきらめず 夢を持ち続けよう輝く瞳でみんな 空を見上げてほら両手を広げて太陽浴び焦った日々悩んだ日々 空に溶かしてありがとう宝物みんなの声大事な事忘れないで ずっと歩き続けるよ夕焼け空
「君なんか大キライなんだ」強く胸に言い聞かせてるのにヤダな 頑固なあたしは何度も恋心思い出すのごめんね ほんとはわざと聞こえないふりしてた黙ったあたしに困った顔して恋人の時とは違うキスをくれたね君がいない季節巡りだせば あの雨雲はなくなるのかな泣いて……泣いていつか 降り続いてる涙あがれば君のこと忘れられるかな「新しい恋をしなくちゃね」いつも 口に出して言ってたのに君専用メールボックスそのまま携帯
陽だまりのカフェで ひとり過ごすオフ?キミを見つけて サングラスずらすの普段のイメージ くつがえす名人カモフラージュよ コードネームは “Nyahho”得意のHoney trapオキニのHoney toastくちびるに くいしんぼ いちごジャムなにもかも お見通し 一流のS・P・Y昨日の晩 キミが寝てたベッドもなにもかも お見通し 一流のS・P・Yでもいつも、 真実は ちょっと、味気ないの…そんな
昨日ひとつの恋を失い どしゃぶりの私を誘って少し風が強い空の下 流れる雲 指差した「ホラ見て!青い空。気がすむまで泣けばイイんだ」って恋を見つけた日 笑顔で騒いだお洒落も一緒に気合い入れたり恋も仕事でも 大好き自慢のライバル誰よりきっと宝物心に青空戻って来たらおいしいスィーツ食べよう☆毎日揺られる窮屈な車両 イメージの魔法をかけてる“出来る女”襲うハプニング!?ドラマティック出会う一日そう あの痛
夏の香りが私をつつんであなたの声が波と重なった太陽の輪郭 眩しくてみえない瞳をとじてても 光が届いた世界と私の境界線が消える不思議な瞬間この熱にとけても想いは生まれていく永遠の“好き”風の行き先 たどっていったら向日葵のような笑顔に逢えるの傷ついた心に小さな愛の種 あふれるほどくれた“一緒に、いようね”水平線の彼方から なまえ響くいつもの呼びかたそっと眠っているふりをして駆け寄ってくるあなたを待つ
泣いたり笑ったり 落ち込んだり嬉しかったりその僕の思いの全ては 今じゃ君で決まってく君が現れる 前の僕なら恥ずかしく思うような 鮮やかな気持ち手に入れた泣きたくなるような 星の下デコボコの僕を 並べて見上げるあっという間に 染められた苦しくてせつなくて 嘘のない感情に振り回されて 見えなくなってもなぜか幸せに 思えるんだ根拠のない噂だけで 一日へこんだまんま浮き沈みで疲れてしまっても 好きだってま
Everybody wants 誘惑voice駅までちゃーんと 送ってちょーだいEverybody needs はぴらきdays映画の続きは どーなるん?Everybody wants Everybody needsえんじぇるパイシス Misty Girl三角 四角は 許さないはーと ぎゅっと選んで矛盾 天国 溜め息 あたしふぉーりんした? 本気でらぶっ見せ合って 隠れちゃって 喧嘩しちゃった oh
いまの私を見て昔よりもっと 大きな夢の旅へみんな Lets go! 遅れないでね一歩ずつ歩いてく だいじな事ね負けないのよ 戦うPressureがんばるって素敵な魔法なのつまんない昨日ほらBye-Bye! 逃げてくしあわせ探せば新しい扉が呼ぶ私を待ってる…いっしょに行こう!遠く光る場所へ たどりつくまでにマイナス気分飛んでっちゃえみんなO.K? 投げださないで心を強く持って 私がいるわ恐れないで
蝉の声 赤とんぼ シャボン玉 高架線思い出す あの日の時間変わってく町の中 止めどなく溢れだす「誰よりも 大好きだった」あなたと見つけた 秘密の隠れ家砂の中埋めた宝物 忘れないよ流れる時の彼方 いつでも思い出すよ何よりも 愛しくせつない気持ちをAh 教えてくれたよね雨の中 風の中 立ち止まる この場所で思い出す あの日の時間今はただ 胸の中 止めどなく 繰り返す「ありがとう 大好きだった」あなたが
あの日にしまいこんだ 願いは閉ざされたまま 座り込んでた今、僕の夢と言えるような 確かなものとびきりに素敵な 友を描いた未来で待ってる その場所をイメージしたらもう止められない 降り向かないこの出会いが『奇跡』に変わるForever dream―――――――ロマンチック ファンタジック 素晴らしいパーティー星空に舞い上がる 高鳴りは勇気のリングロマンシア ファンタジア 価値観じゃ計れない一人じゃな
あてもなく空を眺めて 答えを探してた日々に不意打ちな風が吹いたら それだけで 未来ごと嘆いたりした今、解き放たれた カオスの渦 闇の神話塞塵のパンドラ その叫びに“声”を感じた空の見る夢も、僕の夢でも この星に生きるなら同じだと知った――――――数えきらない涙の記憶も 背きたい真実も本当の笑顔の為に ここにあってそれをいつしか「強さ」と呼べたら明確な絆へと変わるよ for anything 旅の先
幼かった頃には 開けなかった地図果てしない Adventure隠し切れない夢は 同じぐらいの不安それでも止めない Fighterそうでしょ何をあきらめる?必要なんかない!この胸の高鳴る鼓動のままさぁその瞳開いて!飛び立つのは今から みんな連れてCrazy on the dream 出逢うまで 届くまでひとりぼっちじゃないよ 愛を連れてCrazy on the dream 探すまで導かれてく 輝いて
ホームから 見下ろせる並木道電話で 話してたとおりだねこの街で 夢見つめ 生きているあなたが 守る人はできたの?時が涙止めていつか他の誰かと恋する勇気さえ…二人で歩いた時が 思い出に変わっても出会えたこと 忘れないよまたいつかめぐり逢える 夢さえもゆるされずこえていけるかな?心のパズル つなぐまでいつの日か 出会ったら 微笑んであなたの あの笑顔 好きだからさよならは 傷つける ものじゃない二人の
ハッ!とトキめく恋は キラキラで眩しかったいつかはあなたと同じ場所でずっと 笑ってたいウザイ毎日だって いつか晴れるようにきっと信じたハートが ほらハラハラ揺れているいつか伝えたいこの気持ち メールじゃ届かないよでもね「好きです」の言葉が 目の前にもうあなたがいるのに 全然出てこないよキュン!と高鳴る胸は ドキドキで苦しかったいつでもあなたを追いかけてたもっと 近づきたいパッ!とハジける笑顔 隣で
思いだせば あの日のなかに私はだまってた…そして今日もひとりぼっち歩けば見知らぬ街に 落ちた葉っぱ時はいつもやさしいけれどやさしさにどうして痛みがあるの?たとえば願うことにみんな傷ついて生きてる忘れられない…そうね出会いはきっと 決められた運命すてきなほほえみをくれたからときめきに染まる心声に 声にならないあふれだした私の愛しさはとまらないほど好きですためらいながら そっと待ってます胸のおくに あ
夜空に 煌めく星よどうか この思い 伝えて欲しいあと ひとつきと4週間 長いようで短い…あなたに 好きと 言えるかな… 心が 切ない…Twink twink 教えて「おおいぬ座のシリウスが私を見守っていてくれる今年のクリスマスには幸せのエールをくれるのかな? それとも…」世界中の誰もが 愛を確かめる夜にあなたのそばにいたい運命の神様 夢を叶えて…