是、故、つまり… — 酒井香奈子

濡れたルージュのLip
ツンとすましたHip
アタシのものを魅せてあげる

本能は欲望のロジック
煩悩は絡み合うマジック
乱れてくリズム 真夜中過ぎのイズム

駆け引きは波
ミラーボールは月
汗が滲む頃 我を忘れたい

是、故、つまり
はだけぬ胸の
埋まることなき。愛
其なら今は
はだけた胸の
上辺をなぞって。キス

鎖骨のあたり、もっと
うなじのライン、そっと
アタシを記憶してくように

白々明けていく路地
一夜限り袋小路
非常階段 空に伸びてくだけ

名前などない
残るのは匂い
不確かな確か 傷で残したい

是、故、つまり
濡れてる胸の
奥で脅える。愛
其でもどこか
探してしまう
本気はわせて。キス

是、故、つまり
はだけぬ胸の
埋まることなき。愛
其なら今は
はだけた胸の
上辺をなぞって。キス

是、故、つまり
濡れてる胸の
奥で脅える。愛
其でもどこか
探してしまう
本気はわせて。キス