少年記II~I Leave My Heart~ — 遠藤正明

夕日が沈む あの丘の上
誰かが鳴らす教会の鐘
壁の落書きそのままに
幼い日々が そこにある

名も知らぬ 花を摘んでいた
少女のきみが そこにいる

I Leave My Heart
何も持たない俺だから せめて
I Leave My Heart
心は君に置いてゆく

もしも地球に終わりがきたら
方舟に君をのせて
銀河へ2人旅立つこと
約束したね 少年の日

逃げることより 闘うことを
選んでしまった 今の俺さ だから…

I Leave My Heart
いつか再び帰るまで
I Leave My Heart
心は君に残してく

I Leave My Heart
いつか再び帰るまで
I Leave My Heart
心は君に残してく

I Leave My Heart